MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

AI研修とはどういったもの?学べる内容を具体的に解説

本格的なAI時代の到来に向けて、AI人材を育成は急務となっています。早急に社員研修に取り入れたいという企業担当者の方も多いのではないでしょうか。当記事では、加速するAI導入の波に遅れないために必要とされるAI研修の内容について解説します。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

article-banner-umwelt

AI研修の導入が広がっている


AI研修の導入が広がりつつある現状において、まずはAIの概要とAI研修の具体的な内容についてみていきましょう。

そもそもAI(人工知能)とは?

AI(人工知能)とはArtificial Intelligenceの略で、人間の知的行為の一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。2022年現在で存在する人工知能は、特定のタスクに限って人間並みもしくはそれ以上に賢い人工知能(特化型AI)か、人間の知性の一部分を再現したツール(弱いAI)です。
あらゆるタスクにおいて、人間並みもしくはそれ以上に賢い人工知能(汎用型AI)や人間の知能そのものが精巧に再現された、意識を持つ人工知能(強いAI)は、まだ存在していないとされています。とはいえ、今後もAI技術は加速度的に進化していくと予想されています。

AI研修とは?

AI研修とは、文字通りAIについて学ぶ研修です。AIについて、基礎から学びたい方や知見を深めたい方まで、その目的や研修内容はさまざまです。具体的な研修の内容については後述します。

AI研修で学べること:活用編


では、実際にAI研修で学べるカリキュラムについて解説します。

AIの基礎知識

AIが辿ってきた第一次AIブームから第三次AIブームまでの歴史をはじめ、AIの現状、今後AIがどのように進化していくのかといった未来予想図について学びます。
また、AIに関連する基本的な用語には、機械学習や、ニューラルネットワーク、ビッグデータ、ディープラーニング、データマイニングなどがあります。一度は耳にしたことがある用語が多く、その内容を漠然と理解していても、詳しく述べることは難しいものです。そこで、まずはこうしたAIにまつわる基本用語から活用方法までを学びます。

AIツールの活用方法

次に、自社に適したAIツールの活用方法や実際の現場にAIを導入するにあたり、踏むべきステップやポイントについて学びます。
多くのITベンダーからAI開発ツールがリリースされていますが、自社の条件に合うものを選ぶためには、コスト面はもちろん、操作方法や環境構築について考慮する必要があります。

AIを活用した業務改善

AIを活用することで改善につながる業務内容について考えます。例えば、製造業においては、画像認識技術の活用でより速く正確な物体認識が可能になり、製造効率アップにつながります。カスタマーセンターであれば、AIチャットボットを活用すると、問い合わせの多い内容について迅速な対応ができ、ユーザーの満足度向上や人的コストの削減につながるでしょう。こうした事例を座学で学び、自社業務の活用方法について考えていきます。

AI研修で学べること:スキル編

ここからは、AI研修で学べるスキルについて詳しくみていきましょう。

プログラミング言語

AI開発のために必要なプログラミング言語について学びます。プログラミング言語にはさまざまな種類がありますが、なかでもシンプルなコードが特徴のPythonは需要性が高く、比較的習得しやすいため、人気があります。

データ分析

データ分析のスキルを習得すると、社内データの利活用ができるようになります。その結果、業務効率の改善や売上アップへの貢献が期待できます。

機械学習

機械学習とは、過去の経験や統計データを基にして、人工知能に自ら知識を学ばせる手法です。データの中から人間では思いつかないようなルールやパターンを発見できます。研修では機械学習の原理や、学習方法(教師あり学習、教師なし学習、強化学習、半教師あり学習、深層強化学習)の違いについて学びます。

AI研修を成功させるためのポイント

AI研修内容についてみてきましたが、ここからは、AI研修を成功させるための3つのポイントについて考えます。

目的を明確にする

AI研修に限ったことではありませんが、まずは研修目的を明確にすることです。目的が曖昧なままでは、成果を伴う研修にはならず、実践にも活かせません。自社事業における将来的なAI活用方法を明確にするとともに、そのビジョンを研修受講者と共有しておくことが求められます。

対象者をはっきりさせる

AI研修を受講する対象者を決定します。AIに関して全くの素人である場合、AI人材として育成していくためには時間もコストもかかります。あらかじめ、従業員一人ひとりの理解度および習熟度を考慮して、対象者の選択をおすすめします。

スキル習得を重視する

AIに関する基礎知識や概要を理解しただけでは、実務での活用につながりません。ビジネスにおいてAIを効果的に活用していくためには、実践で役立つデータ分析スキルやプログラミングスキル習得などを重視した研修が望ましいと言えます。

AI研修後の課題

AI研修を成功させるためには前述したポイントを押さえておく必要がありますが、研修後の課題についてもみていきましょう。

AI人材の育成プランを立案できない

AI研修の前段階として、AI人材の育成プランを体系化できていない企業が多いのが現状ではないでしょうか。事前に「自社にどの程度AI人材が必要であるのか」「研修による教育だけで良いのか」といった点について把握をしておく必要があります。そのうえで、効果的なAI人材育成の仕組みづくりを行っておくようにしましょう。

既存事業と両立できない

企業の多くが既存事業を継続したまま、AI導入を行います。AI導入専任者をおける人的リソースに余裕がない場合、通常業務をこなしつつ、AI導入業務を兼任するケースが出てくるでしょう。担当者は、業務負荷により時間的にも精神的にも余裕がなくなるおそれがあります。

実務でスキルアップできない

AI研修後には、学んだことを活かして実務でスキルアップを図る必要がありますが、なかなかその機会に恵まれない点が課題といえます。特にAI導入に際してスタート地点に立ったばかりの企業であれば、なおさら実案件でのスキルアップは難しくなってしまいます。

UMWELTならスキル不要でAIが開発できる!

ここまで、AI研修について解説してきました。早急にAI導入をしたいものの、「AIに知見のある人材がいない」「研修でAI人材を育成する時間がない」と頭を抱えている企業様も多いのではないのでしょうか。そこでおすすめしたいのが、TRYETINGのノーコードAIツール「UMWELT」です。UMWELTであれば、プログラミング不要で高度なAI開発が実現でき、専門人材不要でAIシステムを社内に構築できます。現在、大手からスタートアップまで、幅広い業界業種の企業様にご利用頂いています。

まとめ

AI研修では多くのことを学べる一方で、AI人材育成のプラン立案が難しいといった課題が存在するのも事実です。UMWELTであれば、導入時はもちろんのこと、運用後も弊社の専任コンサルタントが並走するため、貴社内にAI人材・DX人材を育成できるメリットがあります。UMWELT導入に興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。