MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

棚の在庫管理を成功させる方法|具体策とツール選びのポイント

在庫管理を正確に行うには、在庫が適切に把握しやすい環境を整えておく必要があります。そのためにも、倉庫内の整理整頓や棚管理の徹底、ルール設定や周知など作業の標準化が重要です。情報を一元化できる在庫管理システムや、AIツールなどを導入すると、スムーズかつ正確な在庫数を把握できるようになります。本記事では、棚の在庫管理を成功させる方法として、棚管理の具体策とツール選びのポイントを紹介します。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

在庫管理に悩む企業は多い


在庫管理は事業規模や取扱商品が増えると複雑化しやすく、管理に悩む企業は少なくありません。まずは在庫管理の意味を踏まえた上で、企業経営において重要視されている理由について紹介します。

在庫管理とは

在庫管理とは、資材や商品など、必要な量を、必要な場所へ、必要なときに供給できるように企業にあった水準で維持するための活動のことです。また、在庫管理における「在庫」とは、原材料、仕掛品、完成品など、企業や団体、組織が所有している流動的な資産を指しています。在庫管理によって適切な量の在庫を保つことで、適切な在庫数、入出庫情報を把握して在庫の発注をかけられるようになり、在庫の過不足を防げるようになります。

在庫管理は重要視されている

適切な在庫管理が行われないと、在庫ロスによる販売の機会損失、余剰在庫による無駄なコストがかかる原因となります。在庫管理は販売機会損失や過剰在庫に結びつくため、在庫管理の徹底は企業経営や収益において重要なポイントです。

在庫管理の成功には棚が欠かせない

在庫管理は、「何が」「いくつ」「どこに」「どのような状態であるか」など、在庫の状態、保管場所、数を正確に把握することが大切です。また、これらを把握するために、棚管理と棚の整理は必要不可欠です。棚管理を行うことで、在庫数や保管場所、保存状態などを把握しやすくなります。

ただし、棚管理を正しくできないと在庫が散在する、または在庫数を正確に把握できないなどのデメリットが起こります。棚管理を行う際には、誰が見ても一目瞭然にわかるような表を作成し、各アイテム、カテゴリごとに分類するとスムーズです。

棚管理をする手段1.準備


在庫の数は、増えるほど管理業務が煩雑になります。そのため、商品数や商品に合った棚管理の準備を行うことも、適切な在庫管理には重要です。本項目では、棚管理をする準備について、ステップ順に紹介します。

管理方式を決める

まずは、棚の管理方式を決めましょう。棚の管理方式には、以下の2種類があります。

  • 固定ロケーション
  • フリーロケーション

固定ロケーションとは、物と保管する場所を固定する在庫管理のことです。固定ロケーションを行うことで、在庫に携わる人物が在庫の場所を覚えやすくなります。

フリーロケーションは、物を保管する場所を固定せず、空いている場所に入庫した商品を随時保管します。フリーロケーションは空きスペースを有効に活用できるため、保管場所の狭い倉庫などで役に立つ方法です。商品や、状況に合わせてどの管理方式を取るか選びましょう。

管理する対象を決める

棚管理をする前には、棚で管理する対象をあらかじめ決めておきましょう。管理する商品を事前に決めておけば、棚の大きさや必要な数を事前に把握しやすくなります。

場所を決める

次に、棚管理をする場所を決めましょう。たとえば、倉庫など専用の保管場所があれば、そこを在庫管理の場所に決めると良いでしょう。棚管理専用のロケーションを事前に確保することで、必要な棚の大きさを把握し、管理しやすくなります。さらに保管場所を決めたら、棚に簡単な仕切りを作ると、よりスムーズな管理ができます。

棚の詳細を決める

管理する対象、場所が決まったら、ロケーションとの兼ね合いも含めて棚の大きさ、高さ、段数などを決めていきます。棚管理で重要なのは、商品を管理しやすい棚を設定することです。 棚の大きさは、ロケーションに合わせて設定しましょう。高さや段数は、高すぎたり、多すぎると在庫の出し入れが難しくなるため、手が届く高さ、段数を設定するのがオススメです。

棚番号を付ける

最後に、棚に棚番号を振っていきます。棚番号は、まず先にロケーションマップを作成してから、マップに合わせて棚に番号をつけます。棚番号を振っていくことにより、在庫の置き場を特定しやすくなります。

棚管理をする手段2.実践


棚管理を適切に行うことで、適正在庫の維持が継続できるようになります。本項目では、棚管理で注意したいポイントや実践編について紹介していきます。

古い商品を前に置く

商品は、古くなるほど劣化するため、古い商品を前に置いて先入先出しできるように棚管理しておくことは大切です。特に食品は賞味期限があるため、古い商品を前に置き、先入先出しを徹底させましょう。新しい在庫品は、必ず奥に置くようにしましょう。

棚卸を定期的に実施する

商品の在庫が正確に把握されていないと、不良品の発生、入出荷数の相違などが起こり、少しずつ実際の在庫と理論在庫に差異がでてくる恐れがあります。これらの問題を防ぐには、定期的な棚卸によって、実際の在庫や状況を把握し、実在庫を理論在庫に反映させることが大切です。実在庫と理論在庫を一致させるためにも、定期的な棚卸は必要不可欠と言えます。

ツールを活用する

在庫の棚管理を行うには、Excel、在庫管理システム、AIツールなど便利なツールを用いるのがオススメです。Excelは一般的なソフトであるため誰でもすぐに利用できますが、ヒューマンエラーが起こりやすいなどの問題があります。

在庫管理システムなら、管理作業を機械に代替できるためヒューマンエラーを防ぎ、正確な在庫数を把握できるようになります。さらにAIツールなら、在庫管理だけでなく、需要予測など過去データから分析を行い、必要な商品数を自動発注させることも可能です。

棚管理ツールの選び方


棚管理ツールは、便利でコスパのいいものを選ぶことで、費用対効果を見込めるようになります。棚管理ツールの選び方について、具体的に紹介します。

クラウド型が主流

近年では、クラウド型のAIツールによるシステムが主流となっています。クラウド型のシステムなら、情報端末機器(PC、スマホ)とインターネット環境さえあれば、誰でも簡単に利用できます。情報を一元化して管理できるため、複数店舗での管理もスムーズになります。

AIなら需要予測も可能

AIはデータ分析を得意としており、在庫管理に用いることで精度の高い需要予測値や発注量を算出できます。必要な在庫数をデータ分析で割り出すことで、在庫過不足をなくし、収益最大化に役立てることができます。

さまざまな課題を解決できる

AIツールはカスタマイズ性が高く、在庫管理以外にもさまざまな業務を簡略化することができます。AIツールはクラウド型であるため、他システムとの連携も可能です。たとえば、バーコードツールとAIツールを連携させることで、発注業務や検品などにも役立ちます。

在庫管理はノーコードAIツール「UMWELT」にお任せください

棚管理は在庫数を正確に把握できるものの、棚卸業務を定期的に行うなど手間がかかります。そこで棚卸をスムーズに行いたい方にオススメなのが、TRYETINGのノーコードAIクラウドUMWELTです。

UMWELTはプログラミングの知識がなくても、アルゴリズムを自由に組み合わせるだけでAIシステムが構築できます。自社に合わせたシステムを簡単に作成できるため、環境構築も不要です。

UMWELTはクラウド型のサービスであり、他システムとの連携が可能です。たとえば、ハンディターミナル、バーコードツールと連携することで、商品在庫数、発注、検品、棚卸など、数多くのデータを一元管理できるため、業務効率化に貢献します。

さらにAIへ業務を代替できるため、発注ミスや転記ミスなどのヒューマンエラーを防ぎます。UMWELTはクラウド型のサブスクリプションサービスなので、初期費用や維持コストを抑えて高度なAIを活用できます。

まとめ

棚管理は、商品数が多くなると保管場所も増えるだけでなく、商品情報が増えるため管理が難しくなります。AIによる在庫管理システムを導入することで、数多くのデータを一元管理が可能となり、正確な在庫数を把握しやすくなります。UMWELTなら、他システムとの連携も可能なため、ハンディターミナルなどをネットワークに繋ぐことにより、在庫データを即時にシステムに反映可能となり、リアルタイム在庫管理を実現できます。棚管理をスムーズに行いたい方や、在庫管理の課題を解決したいと考えている方は、ぜひTRYETINGまでお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。