sidebar-banner-umwelt

BUSINESS

BIツールの活用で社内の意思決定が迅速に!導入例やメリットも解説

 

BIツールの活用で社内の意思決定が迅速に!導入例やメリットも解説

企業に蓄積された様々なデータを分析し、分かり易く可視化させる上で役立つソフトウェアであるBI(ビジネス・インテリジェンス)ツール。企業活動において、意思決定にを行う際に活用されます。本記事では、BIツール活用のメリットや導入例、及びAIとの組み合わせによるさらなる業務効率化の可能性についてご紹介します。

▼更にBIツールについて詳しく知るには?
BIツールとは?初心者にも分かりやすく丁寧に解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

企業がBIツールを活用する意義

企業がBIツールを活用する意義は、課題解決と意思決定への活用です。BIツールの概要をベースに、ビジネスシーンでBIツールを活用する具体的な意義について解説します。

BIツールの概要

企業の意思決定において重要な役割を担うのがBIツールです。蓄積されたデータを集積・分析し、必要な情報を素早く引き出し、意思決定の際に新たな視点を提供します。IT化によるビッグデータ活用を目論む動きが進むなかで、導入事例が増加しています。

経営者から従業員まで、全社的に利用可能

BIツールにより集積・分析したデータは分かり易く可視化されるため、経営者、管理者、従業員とあらゆる層で活用ができます。全社で情報を共有できるため、経営戦略立案や営業施策改善など企業における様々な側面で活用できます。また、部署の垣根を超えたデータ活用で新たな相乗効果も期待できるでしょう。

企業としての意思決定が迅速になる

Excelによるデータ分析には手動集計の必要が必要となります。その点、BIツールは既存のデータ管理ツールより素早く意思決定に繋げることが可能です。また、部署ごとでデータ管理されていても、BIツールはデータ連携が容易なため、企業の情報を一元化できます。一元化され、さらに分かり易く可視化された情報があれば、スピード感を求められる意思決定にも対応可能となります。

BIツールを活用するメリット


BIツールの概要と、企業が活用する意義をお伝えしました。しかし、導入することで得られるメリットは想像し難いかもしれません。ここでは、既存の企業活動をどのように効率化させるかを中心に、BIツール導入のメリットを解説します。

膨大なデータの集積と分析

​​企業のデータは多種多様であり膨大になりがちです。さらに、あらゆるデバイスやサーバー、クラウド上に散在して、データ活用がままならないケースも多発しています。BIツールを活用することで、膨大なデータを一つにまとめることができます。さらに、システムを横断してデータ分析をすることも可能です。これにより、データが散在していた時には発見できなかった課題や情報をスピード感をもって発見し、対応できるようになります。

分かり易い「見える化」

データを集計しただけの状態では、課題発見や意思決定に活用しづらいです。BIツールによるデータの集積・分析の結果は、表やグラフのような形で可視化されるため、意思決定への活用が容易となるでしょう。また、レポーティングが機能として搭載されているため、従来のExcel資料と比較しても分かりやすいです。

工数削減による業務の効率化

BIツールは企業データの集積と分析はもちろん、分析結果のグラフ表示やビジュアル化も自動で行います。そのため、レポート作成などこれまで手動で行っていた業務を削減することができます。結果として、データ収集から意思決定に至るまで業務全体の効率化を期待できます。

BIツールの活用に際しての注意点


BIツールは適切に活用することで企業活動にメリットがあることをお伝えしました。しかし、導入がスムーズに進まないことも多々あります。ここではBIツールの活用の注意点を解説します。

必要データの有無と連携の可否

BIツールを最大限活用するために、分析したいデータが明確であるか、そのデータが全て揃っているかという点が重要です。また、システムを横断した分析というBIツールの特徴を有効活用する上で、データ間の連携が可能であるかという点もあらかじめ確認しておく必要があります。

BIツールを利用する現場状況の把握

BIツールを導入することで、データ分析と意思決定の大きな助けとなることは間違いないです。しかし、実際に利用する現場の状況を把握しないまま導入しても社内の混乱を招きます。現場の状況を汲み取りつつ導入を進めましょう。また、導入後も活用状況を定期的に確認しましょう。

ITに慣れ親しんでいる部署や担当者による試験的使用

BIツール導入の初期段階では、ITに精通している部署や担当者から試験的に使用するのが良いでしょう。データの作成までの工程と、出来上がったデータの結果を鑑みた利用者の意見はツール導入を進める上で参考になります。最終的な全社運用を前提とした、スモールスタートを心がけましょう。

BIツールの活用例

企業活動において、既にさまざまなケースでBIツールの活用が進んでいます。現場での活用をイメージしていただくために、BIツールの活用例をご紹介します。

リアルタイムな経営情報の共有

自社の経営情報を数値化することや、可視化して全社員が確認できるように開示することでさらなる業務効率化が期待できます。また、直感的な見やすさと最新情報であるかどうかも重要でしょう。BIツールを活用すれば、従来のExcel資料よりも見やすく、リアルタイムに近い情報として確認可能となります。

直感的な人事情報の確認

従業員の雇用形態比率、入退社の比率、事業や部署ごとのパフォーマンスの状況など、人事における様々な情報も可視化することができます。また、部署ごとのパフォーマンスの違いはなぜか、退職率の高さの原因は何かなどを分析する際にも活用可能です。

蓄積されたデータに基づくマーケティング

過去のデータを人間が確認し、担当者の経験に基づいて行うマーケティングでは偏りが生じる可能性があります。蓄積されたデータを多角的に分析し、結果を表示するBIツールを活用することで、より精密な需要の予測が可能となります。

説得力のある数値による営業活動への貢献

システムを横断するデータ分析により、営業部門は経営層や管理者が意識している数字を追加の作業工程を経ずに確認できるようになります。目標数値との乖離をリアルタイムで確認できることで、営業活動がより効率的に実施されることを期待できます。また、実際の営業活動においても、BIツールを活用して作成されたデータを顧客に提示することで、より一層説得力のある営業活動が可能となります。

article-banner-umwelt-middle

BIツールとAIの組み合わせがもたらす影響


BIツールは他のビジネスツールと組み合わせることによりパフォーマンスのさらなる向上が期待できます。ここではBIツールとAIを組み合わせることで生み出す影響を解説します。

AIとの違い

BIはBusiness Intelligenceの略称で、ビジネスにおける意思決定を意味するのに対し、AIはArtificial Intelligence、つまり人工知能を意味します。AIはビジネス分野に限らず、研究などでも広く活用されています。BIはビジネス分野に特化した、人間の意思決定の手助けを行うに留まりますが、AIはデータの集積と分析から意思決定までの全工程を行うことが可能です。

「意思決定」のさらなる迅速化が期待できる

BIツールを活用することで、企業の意思決定の速度は格段に上がります。しかし、最終的な意思決定はBIツールが提示した結果を基に人間が行います。ここにAI技術を組み込むことで、意思決定の段階においても人間より素早く実行することを期待できます。

独力でAIを組み込むことは難しい

BIツールにAIを搭載することは企業の意思決定速度と質の向上において有益です。しかし、AIを構築する段階で頓挫してしまう可能性は大いにあります。また、既存のBIツールにAIを組み込む段階でも、専門的なスキルが必要となるため、ゼロからAIの構築と連携を行うことは容易とはいえません。

UMWELTのAIは既存のBIツールと接続して活用できる!


データを活用し企業活動のさらなる効率化をご検討の方は、TRYETINGの開発するノーコードAIクラウドUMWELTがおすすめです。UMWELTは既存のBIツールをはじめとしたビジネスツールとの接続が可能です。以下ではUMWELTのさらなる特徴を解説します。

専門的な知識がなくともAI構築が可能

UMWELTは、豊富な種類のアルゴリズムを装備しているため、データ活用の目的に合わせた分析が可能です。また、専門的な知識がない人でもドラッグ&ドロップで簡単に操作できます。例えるなら、ブロック玩具を組み立てる感覚で、高度なアルゴリズム構築が可能となります。

API接続で既存システムを簡単にAI化

API連携により、既存の社内システムを変更することなくAI化が可能となります。また、専用サーバーの用意も必要ないため、設備投資を行う必要がありません。

多彩な価格プランをご用意

初回導入費用50万円(税別)、及び用途に応じて3種類の価格プランを用意しています。また、月額制でのご提供により、業界最低水準の価格でサービス提供を実現いたします。さらに、作業代行やコンサルティング、トレーニングなどのおまかせサポートサービスも提供しているため、ITに不慣れな人でも安心して導入できます。

まとめ

明確な目的と活用できる環境があれば、BIツールは非常に便利なシステムとなります。ゼロからAIを構築する必要がなく、既存BIツールとの接続も容易なUMWELTを活用することで、業務効率化と利益獲得の可能性はさらに高まります。UMWELTでは、資料ダウンロードによる事前の情報収集や無料相談が可能ですので、BIツール導入を模索している方はぜひ一度ご検討ください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。