MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

需要予測

予測市場システムは需要予測に役立つのか?メリットや活用方法を徹底解説

サービスや商品の需要予測に、予測市場システムが用いられるビジネスシーンが増えて来ています。従来は熟練マーケターの勘や過去の販売データを分析した需要予測が主流でしたが、この予測市場システムの登場により需要予測の形が大きく変わってきています。ここでは、予測市場システムとはどんなシステムかを解説した上で、利用メリットや活用例をご紹介します。

▼更に需要予測について詳しく知るには?
需要予測の基本を徹底解説!精度向上のポイントも紹介

article-banner-umwelt

予測市場システムとは


予測市場システムは、需要予測を目的に活用される仕組みです。ここでは、予測市場システムの概要を解説していきます。

予測市場システムの概要

予測市場システムは、架空に作成された証券市場にて参加者が予想証券を売買し、売買の金額に応じて将来を予測する仕組みです。予想が高い証券ほど高い金額で売買され、低い証券ほど金額も低くなります。従来は、アンケート調査等によって顧客の意見を反映していました。しかし、アンケート調査はそのときの感情に左右されるため、将来的な予測を期待できません。一方で、予測市場システムは投資と同じ考え方で、成功だけではなく失敗も踏まえたうえでの予測が可能です。したがって、将来的な予測を調査する手法としては予測市場システムが効果的です。

予測市場システムによる需要予測も可能

予測市場システムは、今後発売する新製品の需要予測に活用され始めています。先述した証券市場にて、新製品の需要量を満たす証券を発行し、営業担当者が得た顧客情報や市場状況などを考慮しながら証券を売買していきます。証券の売買が高値になるほど売上が上がり、逆に低値であるほど売上が下がる予想になるのです。

予測市場システムのメリット


予測市場システムには、以下4つのメリットがあります。

  • 効率よくデータを集約して予測に反映できる
  • 分布的な需要予測が可能
  • 手掛かりが増えることで予測精度が向上する
  • 参加者の貢献度合いが分かる

効率よくデータを集約して予測に反映できる

予測市場システムでは、架空の証券市場の売買によって将来の需要が予測できるため、効率よくデータを集約して反映できます。将来の予測をする場合、基本的には過去の販売実績や需要に関わるデータが必要となります。しかし、こうしたデータは予測できる形に変換しなければならないため、データの管理や整形に時間がかかってしまうのです。予測市場システムは、データの準備が不要で予測ができるため、業務負荷を軽減できます。

分布的な需要予測が可能

予測市場システムで収集したデータは、分布として取り出せるメリットがあります。証券市場では、参加者の意見が違うと価格に相違があり、意見が一致しているほど特定の証券価格が高くなります。したがって、点としての評価ではなく、参加者全体の分布を需要予測に反映できるのです。

手掛かりが増えることで予測精度が向上する

予測市場システムは、基本的に証券市場の参加者が価格を左右していきます。そのときに、証券市場の価格と合わせてさまざまな情報を予測に反映することで、より精度の高い需要予測が可能となるのです。情報量が増えるほど予測の精度も向上するため、動的な予測を実現できます。

参加者の貢献度合いが分かる

予測市場システムは、参加者が証券市場に参加してくれることで成り立つ仕組みです。したがって、参加者の貢献度合いによって予測の精度も変わってきます。また、参加者が判断したときの理由をヒアリングすることで、最終決定に至るまでの思考過程を明確にし、予測に活かせる外部要因を抽出できる可能性があります。

需要予測とは


予測市場システムは需要予測に役立つとわかりましたが、なぜ需要予測が必要なのでしょうか。ここでは、需要予測について整理していきましょう。

需要予測の概要

需要予測は、将来の市場規模や需要量を定量的に把握する目的で実施されます。これらを予測することで、今後の企業経営方針を定めるときの判断材料ともなります。現在の市場規模がどの程度なのか、その市場に対して新たな商品やサービスを投じたときのリターンはどの程度なのかなどを予測のうえで明らかにしていくのです。もし、需要予測をせずに新たなサービスに投資した場合、利益をあげられずに負債が重なり、最悪の場合には倒産に追い込まれる可能性もあるでしょう。

需要予測の目的

需要予測の目的は、無駄なコストの削減や機会損失を防ぐことです。需要予測をせずに新商品の発売をして、思ったよりも商品が売れなかった場合、在庫として抱えるか廃棄せざるを得ません。在庫の場合には、倉庫の場所が圧迫されてしまうため、在庫管理にも影響が出てしまいます。さらに、製造した商品数よりも売れてしまった場合、すぐに商品を用意できないことから顧客が他の商品を購入してしまう可能性があります。その結果、本来得るはずだった利益を得られなくなり、販売の機会損失につながってしまうのです。

需要予測の重要性

需要予測は企業の業績に大きく影響するため、多くの企業が取り組むべき施策です。先述したとおり、作った数よりも売れなければ在庫として抱えることになり、逆に在庫不足になれば販売の機会損失となり、本来得るはずだった利益を失います。業績を上げることができなければ、資金繰りの悪化につながり、経営自体が困難になってしまいます。正確な需要予測は、企業が生き残っていくうえでも重要な要素の一つと言えるでしょう。

需要予測のメリット


需要予測には、主に3つのメリットがあります。

  • 業務を効率化できる
  • 廃棄の回避や在庫量の最適化が可能
  • 勘に頼らないロジカルな経営にシフトできる

業務を効率化できる

需要予測の導入により、業務効率化が促進されます。今までは、人の手作業によってデータを収集し、分析作業を実施してきました。データ量が少ないうちは業務も回りますが、膨大になるほど業務時間がかかってしまいます。そこで、AIの需要予測によって自動化を実現し、空いた時間を使って他の業務に手を回せるようになるのです。

廃棄の回避や在庫量の最適化が可能

需要予測によって適切な製造量の目安がわかるため、廃棄の回避や在庫量の最適化が可能です。需要予測をしないと適切な発注量にできないため、売れなかったものは廃棄か在庫として倉庫を圧迫してしまいます。特に、賞味期限があるような食べ物などの場合は、廃棄せざるを得ない状況になってしまい、生産費だけのコストが発生してしまうことにも注意が必要です。こうした無駄なコストを発生させないためにも、需要予測は重要な役割を果たします。

勘に頼らないロジカルな経営にシフトできる

需要予測はデータに基づいた分析結果になるため、勘に頼らないデータドリブンな経営が可能になります。今までは、何か判断をするときに経験や勘に頼ることが多く見られました。確かに、長年の経験によっておおよその判断がつくかもしれません。しかし、データに基づかない勘は、外部要因の発生などにより大きく予想を外す危険性があるのです。そこで、需要予測によるデータドリブンな経営が可能になることで、今まで以上に正確な情報で意思決定が可能となります。

市場予測で対応可能な課題・ニーズの例


予測市場システムでは、需要予測以外にも市場予測として活用できます。ここでは、市場予測で対応した課題やニーズについて紹介します。

市場規模を予測したい

企業では、将来に向けて投資すべき予算決定をするために、市場規模の予測をしなければなりません。市場規模の拡大が期待されるようであれば、予算配分を大きくし、逆に縮小するのであれば小さくするなどの対応が必要です。予測市場システムでは、分析の目的に応じてデータの企画から収集まで実施し、予測値算出と要因分解を実施することができます。

ブランドシェアを予測したい

業界ごとに、ブランドシェアの高い企業が存在します。企業が生き残っていくためには、その業界のブランド力を高める必要があります。予測市場システムを使えば、競合他社の売上予測を考慮したブランドシェアを知ることも可能です。消費者アンケートを含むさまざまなデータを活用し、競合も考慮したうえでのシェアの予測を実現することができます。

候補物件別に新規店舗の売上予測をしたい

店舗拡大をするときには、どこに出店するのが最も利益を上げるのかが大切です。予測市場システムでは、新規店舗拡大に向けた候補物件別の売上予測もできます。新規店舗の出店候補となる場所の立地・店舗の特性を利用し、物件ごとの売上予測を立てることが可能です。

「UMWELT」ならAIによる予測市場システムを手軽に導入できる

AI搭載型の予測市場システムを導入したい企業担当者様には、TRYETINGのノーコードAIクラウド「UMWELT」がおすすめです。UMWELTは、データ分析や自動化の仕組みをプログラミング不要で実現できるAIサービスです。UMWELTには多数のアルゴリズムが活用されており、AIによる需要予測はもちろんのこと、在庫管理、生産管理の自動化も可能です。

まとめ

予測市場システムは、これまでの需要予測の仕組みを大きく変えており、今後も活用が期待されている技術です。しかし、専門的な人材が不足していることにより、予測市場システムを構築できないと悩んでいる企業様も多いはずです。AI搭載型の予測市場システムを即時導入したい場合は、TRYETINGのノーコードAIクラウドUMWELTがおすすめです。少しでも興味を持って頂いた方は、ぜひ下記サービスページからお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。