MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

工程管理と生産管理の違いとは?工程管理の手順やポイントを解説

生産管理と工程管理は、いずれも製造企業における進捗をコントロールすることです。しかし、それぞれの内容や役割の違いを理解している方は少ない傾向にあります。それぞれの目的や業務手順を知ることは、管理者にとって重要なプロセスのひとつです。

そこでこの記事では、工程管理と生産管理の違いについて解説します。生産管理や工程管理について知りたい方に参考となる情報をまとめました。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

生産管理の基礎知識


製造の過程において重要な役割を担う生産管理は、製品をつくる際の納期や品質を最適化して顧客満足度を高めるのが主な仕事です。

ここでは生産管理の基礎知識を解説します。生産管理業務の概要や目的が知りたい方に参考となる内容です。

生産管理とは

生産管理とは、製造業において製造工程全体の管理をすることです。生産計画に基づき、納期までに製品を完成させる意識が求められます。また完成した製品の生産コストや品質の最適化も欠かせません。

具体的な業務のひとつは、材料や人材の手配です。必要素材を過不足なく発注したり、加工作業を外注化して作業分担の手配をしたりします。製造全体の進捗をコントロールする一方、リソースの手配も求められるでしょう。

生産管理の目的

生産管理の主な目的は、生産計画に基づいた資材管理や作業場のコンディション整備などです。それぞれ品質やコスト、納期を意識した管理体制が重視されています。

たとえばコストだけに注目しても「販売価格に合った材料を用いているか」「継続的にコストを抑えることが可能か」などの検討が不可欠です。長期的に安定した製品の供給をするためにも、資金状況と生産効率を考えたコスト管理が求められます。

工程管理の基礎知識


生産管理以外にも、製造の管理に携わる業務には「工程管理」があります。生産管理と同じようなものだと誤認されがちですが、業務内容や目的において生産管理とは明確な違いがあります。

工程管理とは

工程管理とは、製品づくりの進行を管理することを意味します。材料の加工、配送、品質管理など、すべての工程が対象です。

工程管理の業務は主に「工程の決定」「工程計画と負荷管理」「工程の進捗調整」の3つがあり、作業員と製造設備が最適なパフォーマンスを発揮できるよう各工程の管理を行います。効率良く製造フローを回したり、製品の品質管理・調整を行うことが重要です。

工程管理の目的

工程管理の目的は製品の数量、製造期間などの最適化を行い、効率的な製造ラインを実現化することです。工程管理がうまく機能している現場では、人材配置や資材の配分が最適化されています。

より具体的には、生産のリードタイム短縮や無駄なコストの削減などが該当するでしょう。工程管理では「いかに低コストで品質の高い製品を納期までに提供できるか」が重要となります。

工程管理と生産管理の違い

工程管理と生産管理は、管理している範囲において違いがあります。名称が似ている一方で、それぞれの業務内容や役割は異なるため注意しましょう。

具体的に生産管理は、生産計画の立案や人員配置、品質管理、出荷など生産工程全体に携わる職種です。視野を広く持ち、各部署を横断的に管理します。対して工程管理では、各工程がスムーズに進行しているかや過不足なく生産されているかをチェックします。

そのため生産管理が生産ライン全体を管理しており、工程管理が納期の管理をしているとも考えられるでしょう。生産管理部門のなかで工程管理を設けている企業もあれば、両者を明確に分けている企業もあります。

工程管理の基本的な手順


工程管理をより理解したいなら、業務の流れは確実に押さえておきましょう。生産効率の最適化を図るにあたり、PDCAサイクルを採用して管理を進めているためです。

ここでは工程管理の基本的な手順を解説します。工程管理はどのような流れで業務を進めているのでしょうか。

1.計画立案

計画立案とは、データを活用して生産前の計画を練ることです。過去の生産実績で要した期間・コスト・トラブルの発生頻度など、さまざまな観点から計画を立てます。

工程管理に関わりのある計画には中期的な生産計画と短期的な生産計画があるため、それぞれで現在の人員やコストを考慮して実現可能なスケジュールを立てることが重要です。

2.計画を実施する

立てた計画をもとに、各部署や資材などのリソースを順次手配します。計画の内容に沿って進めるのはもちろん、想定外のトラブルにも対処する意識が欠かせません。

実際に各現場で作業が始まると、材料の搬入が間に合わず加工に遅れが出てしまったり設備の故障によって生産が一時中断してしまったりするケースが少なくありません。そのため問題が生じた際には、どのようなトラブルが発生したのかを具体的に記録しておく必要があります。

3.評価と改善案の作成

計画に沿って生産した後は、計画どおりに進んだかどうかをチェックします。想定と異なる動きに対して、原因調査と改善するための仕組みを構築する段階です。「現状維持を目指す点」「早急に変更したほうが良い点」を明確にすれば、生産ラインをより最適化することができるでしょう。

4.改善案を取り入れて新たな計画を立てる

改善案ができたら、その案をもとにして新たな計画を立てます。計画は現状の生産性を高めるために作成しますが、実行する際には状況に応じた柔軟な対応が求められることもあるでしょう。

また、PDCAサイクルを繰り返し行うことも重要です。生産が完了するたびに作業を見直すことで、より精度の高いパフォーマンス発揮に期待できます。

工程管理を成功させるポイント


工程管理を成功に導くには、効率的に進捗を把握する仕組みが欠かせません。企業によっては管理表を用いたり、工程管理のためのシステムを導入していたりもします。工程管理表と工程管理システムにどのような違いがあるのか見ていきましょう。

工程管理表を使う

まずは工程管理表を使ってチェックする方法です。管理表は紙媒体を使ってチャート形式で利用する方法と、エクセルをはじめとする表計算ソフトを利用する方法があります。管理表は低コストで運用できるため、規模が小さい現場や案件で使いやすく重宝します。

一方で変更があるたびに更新する必要があり、データの比較や現場の状況を正確にまとめるのが難しいといったデメリットも認識しておきましょう。更新頻度が高くなると時間や手間がかかり、逆効果につながる恐れもあるため注意が必要です。

工程管理システムを導入する

工程管理表以外では、工程管理システムを導入する方法があります。過去のデータ参照から現在の状況に合わせた管理に至るまで、一元管理が可能です。自動でデータを更新する機能もあるため、更新にかける人的コストを減らせるメリットがあります。

また工程管理システムはパッケージソフトとして販売しているものもあれば、クラウド上で利用可能になっているものもあります。現在の状況に応じて最適なシステムを導入することが大切です。

工程管理表の種類


工程管理表にはさまざまなタイプがあり、業務の進捗管理に適しているものや納期までのスケジュール調整に適しているものなど、種類によっても役割が異なります。工程管理表の主な種類は以下の4つです。

ガントチャート

ガントチャートは進捗管理に適した管理表で、縦軸に作業内容や開始日、横軸に日時を記し、業務の進行状況を視覚的に理解しやすいのが特徴です。

「どの業務が遅れているのか」「直近の優先業務はどれか」などをチームでも共有できるため、進捗上のトラブル回避にも役立つでしょう。スケジュールの変更が生じた場合にも対応がしやすいため、進捗管理において重宝する工程表です。

バーチャート

バーチャートはスケジュールの確認に適した管理表です。縦軸に作業項目、横軸に日付を記して、スケジュール状況をチェックできるようになっています。

業務ごとの進捗や他工程との関係を確認するのは難しい反面、生産スケジュール全体のチェックにおいては高い効果を発揮するのが特徴です。ガントチャートのような業務進捗の管理表と合わせて利用するのが理想といえます。

グラフ式

グラフ式管理表はスケジュールと進捗確認の両方で役立ちます。縦軸に進捗率、横軸に日時を記しており、各作業の進捗が確認しやすい工程表です。

作業間の関連性をチェックする際には、影響の範囲を想定しながら進められます。一方でバーチャートとガントチャートを組み合わせているため、作成に時間がかかるのがデメリットです。

ネットワーク式

ネットワーク式の管理表は、他工程との関連を視覚的にチェックしたい場合に役立ちます。数字を入れた丸と矢印を使用して矢印の上部に作業名、下部に作業日数を記載するのが特徴です。

工程表では、各作業に対して前後で起きた作業を関連づけながら作成します。全行程を最短で完了させる手順が分かるため、無駄なく効率的に作業を進められるのがメリットです。対して工程表の作成難易度が高くて各作業の進捗が分かりづらいデメリットがあります。

各管理表のエクセルとの互換性は?

エクセルで主に作成できる工程管理表は、ガントチャートやバーチャートのような「横線式」です。グラフ式やネットワーク式では、関数やVBA(Visual Basic for Applications)を挿入する必要があり、専門的な知識がないとカスタマイズが難しいと感じるでしょう。

またエクセルで作成した工程管理表は「工程管理システム」に投入すると、より効率化することができます。TRYETINGのAIクラウドツール「UMWELT」では、エクセルのデータをそのまま取り込むことができるため、データハンドリングからAIモデリングまでの一元化が可能です。

工程管理システムを導入するなら「UMWELT」がおすすめ

これから工程管理システムを導入するなら「UMWELT」がおすすめです。エクセルのデータをはじめ、社内ですでに利用している既存システムのAI化も簡単に実現できます。ノーコードで導入できるため、プログラミング知識も必要としません。

さらに導入までの間はコンサルタントがサポートいたします。不明点を残さずに進められるため、初めて利用する方でも安心してご利用ください。UMWELTの主な機能には、

・在庫管理
・データ分析
・人員配置最適化
・配送ルート最適化

などがあり、100種類に及ぶアルゴリズムによって貴社だけの独自システムが構築できます。AI導入によって管理工程を最適化することにより、生産性の向上を図ることができます。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ


生産管理が製造業における生産ライン全体の管理を担当する一方、工程管理は納期管理を中心に担当するといった違いがあります。

特に工程管理においては、計画の立案から改善案の作成、新たな計画立てに至るまでのPDCAサイクルが重要です。管理表や管理システムを活用しつつ、業務の最適化を図りましょう。

UMWELTを導入すれば、既存システムのAI化や管理コストの大幅な削減が可能です。より少ない労力でパフォーマンスの最大化を狙うのであれば、ぜひ導入を検討してみてください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。