MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理にスケジューラを導入するメリットとは?必要性や搭載機能も解説

生産管理とは、受注から納品までの生産フローを管理することです。緻密な計画と管理体制のもとで業務を遂行する必要があり、なかでも管理のサポートとして役立つシステムのひとつがスケジューラです。

各工程の作業時間をスムーズに進める際に重宝しますが、生産管理のスケジューラの意味がよく分からない方もいるでしょう。スケジューラの導入でどのような変化がもたらされるのか、興味がある方に参考となる情報をまとめました。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

article-banner-umwelt

生産スケジューラの基礎知識


生産管理を遂行する際に便利なスケジューラですが、具体的にどのようなことができるのかはあまり知られていません。ここでは、生産スケジューラの概要や生産管理システムとの違いを解説します。

生産スケジューラとは?

生産スケジューラとは、人や設備などの1つのリソースに対して作業を割り当てるシステムを指します。各工程の作業時間を「分・秒単位」で時間軸上に並べて工程を細分化することにより、リードタイムの短縮につながります。

またキャパシティの範囲内で配分をするため、無理のない計画の実行も可能です。計画を立てる際に細かい設定を入れ込むことで、精度を高めることもできます。

生産管理システムはどう違う?

もっとも分かりやすい違いは「計画の細かさ」です。生産管理システムは、生産・在庫・品質などを総合的に管理するためのシステムですが、生産スケジューラはより細部まで設定することができます。生産管理システムが「生産全般に関わる業務を管理するツール」であるのに対し、生産スケジューラは「さらに細分化して管理するツール」と言えるでしょう。

またそれぞれのメリットを最大限生かすには、両方のシステムを並行して使うのがおすすめです。生産スケジューラで作業を最適分配し、生産管理システムで各工程の詳細な進捗を管理すると、生産性を高めやすくなります。

生産スケジューラの機能


生産スケジューラには、生産管理をスムーズに進めるための機能が備わっています。シミュレーション機能や問題への解決サポート機能など、生産性を高める機能を搭載しているのが特徴です。ここでは生産スケジューラの機能を解説します。

リソースガントチャート

リソースガントチャートは、プロジェクトのリソース配分が最適かどうかの視覚的チェックが可能です。作業の開始日時と終了日時を横軸に取り、バーを使って表現します。

ポイントは人員や設備などのリソースを縦軸とすることで、リソースごとの細かな作業時間を管理できる点です。各工程のスケジュール共有がしやすくなるため、チーム内でのリソース管理意識も高められるでしょう。

またタスク同士の関連もチェックが可能です。ある工程が別の工程にどのような影響を与えているかも分かるため、トラブルの特定にも役立ちます。

頻繁なリスケジュールに対応できる

生産スケジューラは人間の手作業では対応が難しい処理にも対応でき、情報の追加や変更が自由に行えます。短期間で修正が必要になった場合でもすぐに変更できるため、現場と計画のギャップを埋めやすくなるのが利点です。

実際の計画はスケジュールどおりに進むことが少ない傾向にあるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。そのため大きな変更が生じる前に対応できれば、生産性の安定化にもつながるでしょう。

なぜ生産スケジューラが必要なのか

生産スケジューラは、低コストな生産を実現するために不可欠な存在です。近年では多品種少量生産が増え、生産計画が複雑化しています。計画の変更が重なるにつれて手作業での対応も難しくなってきました。そのため細かな管理をスムーズに進めるためにも、生産スケジューラの活用が必要とされているのです。

また、生産市場における競争は激化しており、管理の効率化が求められています。生産に必要な部品の管理や出荷までのリードタイム短縮など、課題解決のために導入されるケースもあります。

Excelは生産スケジューラの代用品になる?

生産スケジューラは、Excelで代用するのが難しいと考えられます。Excelはコストが不要で使いやすいといったメリットがある反面、複雑なスケジューリングには適していないケースが多いためです。

一方、生産スケジューラは複数の工程スケジュールを視覚的にチェックできたり、リアルタイムで修正ができたりする点においてExcelよりも優れています。AIの機能により各シートへの入力や管理作業も自動化できるため、作業の効率化が実現できます。

Excelと生産スケジューラにはそれぞれ長所と短所があるため、状況に応じて使い分けるのも良いでしょう。

生産スケジューラを導入するメリット


生産スケジューラを導入すると、工程管理においてさまざまなメリットがあります。情報整理の効率化や業務スピードの向上につながり、手作業で進めていた業務も短時間で完了するためです。ここでは生産スケジューラを導入するメリットを解説します。

情報を可視化することで最適な生産ができる

生産スケジューラを利用すると、生産現場で起きていることが見える化します。各工程の進捗状況をデバイス上でチェックできるため、スケジュールの変更や共有も可能です。

またボトルネックの工程を見つけたり在庫状況を確認したりすることもできるため、リソースの最大活用やキャッシュフローの改善にもつながるでしょう。

多様化したニーズに対応できる

クライアントから寄せられるあらゆるニーズに対応しやすいのも、メリットのひとつです。受発注の内容が多岐にわたるほど、生産管理が対応する範囲も広がっていきます。細部まで管理できる生産スケジューラを活用することで、多様化した複雑なニーズにも対応できるようになるのです。

たとえば「多品種少ロット生産」といったニーズにおいては、複数の異なる製品を少量ずつ生産するため、細かな配慮が欠かせません。こうした各工程にも臨機応変に応じられるのは、生産スケジューラならではのメリットです。

生産スケジューラを導入する手順

生産スケジューラを導入する場合、まずはプロジェクトを立ち上げます。実際に運用する際には、プロジェクトメンバーの役割や権限を明確化しておく必要があるためです。

続いて生産スケジューラの要件を洗い出し、現場に最適な製品を選びます。工場の稼働データや進捗状況など、必要なデータをそろえてから運用ルールを決めることが必要です。運用体制が整ったら運用開始になります。

1.プロジェクト立ち上げ
2.プロジェクトメンバーの役割や権限を明確
3.生産スケジューラの要件洗い出し
4.必要なデータをそろえてルールを決める
5.運用開始

TRYETINGの「UMWELT」なら生産管理のAI化が可能に!

生産スケジューラを導入するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。UMWELTを導入すれば、既存の生産管理システムをAI化し、サーバーレスでさまざまな機能を導入できるようになります。UMWELTの強みは、

・100種類のアルゴリズムから必要なものを選んで導入可能
・業界最低水準の月額制で維持費用がかからない
・クラウド上で利用するため時間や場所を問わず使える

などがあります。導入する機能は在庫管理やデータ分析、配送ルートの最適化などから好きなものが選択可能で、現場の状況に応じて必要なシステムを導入できるのがポイントです。導入する際にはコンサルタントがサポートしますので、初めての利用で不安を感じている方も安心してご利用いただけます。

まとめ


生産スケジューラは、各工程の作業時間を分・秒単位で時間軸上に並べるのを得意とする工程管理用のツールです。情報の可視化やクライアントからの多様なニーズに合わせた利用が可能で、現場の生産性を高めていくうえで欠かせないツールと言えます。

生産管理システムのAI化を推進するなら、UMWELTの導入をご検討ください。APIを介して接続するため、自社の既存システムを触ることなくAI化することが可能です。費用も手頃な価格で提供しておりますので、この機会にぜひご検討ください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。