MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

小売業での適正在庫と計算式とは?適正に維持するためのポイントも解説

適正在庫は、小売業や在庫管理に携わる方が必ず直面する課題のひとつです。適正在庫の捉え方は、業界や企業によって異なるため、正解を見つけることが難しいとされています。本記事では、適正在庫の定義を改めて確認するとともに、適正在庫の計算式を解説します。また、小売業で適正在庫を維持するためのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

小売業での適正在庫と計算式について


まずは、小売業における適正在庫の定義と基本的な考え方をみていきます。また、適正在庫の計算式について2種類紹介します。

適正在庫とはいったい何?

適正在庫とは、欠品を出さない最小限の在庫のことで、販売機会を獲得して企業の利益を上げる目的があります。適正在庫には「サイクル在庫」と「安全在庫」の2種類があり、サイクル在庫は発注から次の発注までに消費する在庫の半分の量を指します。安全在庫は、需要や製造スケジュールに変動があった場合に対応できる備蓄量のことです。

計算のやり方は2種類

適正在庫を計算する方法には、「経営的観点」と「実務的観点」の2種類があります。経営的観点は、企業が目指す財務状況を実現するためのトップダウン方式で、実務的観点は現場の状況に応じたボトムアップ方式です。

小売業で計算式を使って適正在庫を維持するメリット


小売業の現場では、多くの企業が適正在庫を維持するために計算を行っています。それでは、この背景には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

販売の機会損失を防ぐ

適正在庫を維持する一番の目的は、欠品を防いで販売機会を獲得することです。顧客が希望する納期やタイミングに応じて販売できるため、顧客からの信頼や満足度が向上します。その結果、再受注や受注量の増加につながって、企業全体の売上がさらに上がると期待できます。

過剰在庫での損失を防ぐ

適正在庫が維持されていないと、売れ残りとして過剰在庫が生じ、管理費や人件費といったコストが多くかかります。こういった過剰在庫による損失を防げれば、倉庫には余裕ができて作業効率も上がるはずです。

キャッシュ・フローの悪化を防ぐ

企業の資産のひとつである在庫は、売上として回収がなされない場合、損失となってしまいます。その結果、企業のキャッシュ・フローは悪化して、経営の安定性が損なわれるおそれがあります。適正在庫を維持することでキャッシュ・フローが改善し、長期的な事業継続性が高まるはずです。

小売業での適正在庫の計算式【実務的観点(ボトムアップ)】


ここまでは適正在庫を維持するメリットを確認してきましたが、ここからは実際に適正在庫を計算する手法を解説します。
まずは、実務的観点における適正在庫の計算式をみていきます。

安全在庫での計算

適正在庫数は、1か月に販売する数量の平均に「安全在庫」を加えた数値になります。
安全在庫の計算式は、以下の通りです。

安全在庫=安全係数×使用量の標準偏差×ルート(発注リードタイム+発注間隔)

安全係数とは、どの程度の欠品を許容するかという考えの下、100%から欠品許容率を引いた数値を指します。業界や企業によって許容できる欠品量は異なるため、安全係数もさまざまですが、一般的には欠品許容率5%での安全係数1.65が使用されています。標準偏差は平均からのばらつき具合のことで、発注リードタイムは発注から納品までの日数を指します。発注間隔は定期発注の場合に計算に入れるもので、発注から次の発注までの間隔のことです。

適正在庫での計算

一般的に適正在庫数は、一定期間の需要数と安全在庫数を足して計算を行います。例えば、1日当たりの需要数が20である場合、安全在庫数を50とすると30日間の適正在庫数は「20×30+50=650」です。

リードタイムでの計算

仕入れから納品までのリードタイムを適正在庫として、現在の在庫回転日数と比較する計算方法があります。現在の在庫回転日数がリードタイムよりも多い場合、過剰在庫であると言えます。

小売業での適正在庫の計算式【経営的観点(トップダウン)】


ここでは、経営的観点における適正在庫数の計算方法を解説します。特に、在庫回転率や交差比率といった指標を中心に詳しくみていきますので、ぜひ参考にしてください。

在庫回転率での計算

在庫回転率は、1年の間に何回在庫が入れ替わっているかについての指標です。在庫回転率の計算では、年間の売上高を平均在庫高で割って算出します。平均在庫高は、期首在庫高と期末在庫高を足したものを2で割って算出する数値です。

在庫回転期間での計算

在庫回転期間は、一定の在庫を販売し切るまでの期間のことです。年間の在庫回転期間は、棚卸資産合計を年間の売上高で割って計算します。また、棚卸資産とは、現在保有している在庫の価値を指す概念です。

交差比率(交叉比率)での計算

交差比率は、在庫がどの程度利益につながっているかを確かめる指標です。在庫回転率と粗利益率をかけ合わせた数値が交差比率となり、高ければ高いほど効率よく利益が上がっていると言えます。また、在庫回転率は「売上高÷平均在庫高」、粗利益率は「粗利益÷売上高」で算出できます。

小売業で適正在庫を維持するためのポイント


計算式の活用は適正在庫を維持するひとつの手ですが、他にもさまざまな方法が存在します。ここでは、小売業で適正在庫を維持するためのポイントについて解説します。

リードタイムを短縮する

調達や製造にかかるリードタイムを短縮することで、抱える在庫の量が少なくなります。その結果、過剰在庫の発生を抑制できる可能性があります。発注の計画や人材配置を見直すなどして、工程における無駄を省いていく取り組みが効果的です。

発注方式の見直しをする

発注方式には、一定の期間ごとに発注する定期発注と、在庫が一定の量に達した時に発注する定量発注の2種類があります。取り扱う製品の性質に応じて、それぞれ最適な発注方式が異なるため、改めて発注方式の見直しをすることが重要です。

精度の高い需要予測にする

需要予測の精度が高まると、需要に適した在庫を用意できるようになるため、適正在庫の維持につながります。需要予測においては、従来の販売実績や市場の動向など、さまざまな観点からデータを分析する必要があります。しかし、昨今においては消費者のニーズの多様化や市場の急速な変化によって、需要予測の難易度は高まっています。そこで需要予測の精度を高めるために、膨大な数のビッグデータを分析できるAIが搭載されたシステムを導入するのがおすすめです。

在庫管理システムでの管理にする

在庫管理業務を紙媒体などアナログで行っている場合は、在庫管理システムの導入が効果的です。在庫管理システムであれば、適正在庫の計算などさまざまな定型業務を自動化できるため、業務効率が向上します。また、システム上で計算するため人的ミスを減らせて、過剰在庫の発生を抑制する効果も期待できます。

TRYETINGの「UMWELT」で小売業の適正在庫を簡単に管理しよう!

TRYETINGの「UMWELT」は、常時100種類ものアルゴリズムを搭載したAIプラットフォームです。専門的なスキルを必要とせず、誰でも簡単にAIによる適正在庫の計算が可能です。
また、ビッグデータ分析による需要予測や製造プロセスの最適化など、小売業の現場で役立つ機能を低コストでご利用いただけます。

まとめ

小売業に携わる企業にとって、適正在庫の維持は企業の利益を大きく左右する重要な課題です。計算式の活用も適正在庫を維持する方法のひとつですが、AIを搭載した在庫管理システムの導入で業務効率や生産性が大幅に向上します。TRYETINGの「UMWELT」であれば、低コストかつ短期間で貴社の業務や製品に合わせた適正在庫の管理が可能です。導入費用の詳細や導入ステップなど、ぜひ一度弊社にお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。