MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理での品質管理の役割と課題とは?収益を上げるための効率化を解説

本記事では、生産管理での品質管理の役割と課題について解説します。課題に対する解決策や品質管理の技法、収益を上げるための効率化についても解説しますので、生産管理部門の担当者はぜひ参考にしてください。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

生産管理の体系とは?品質管理との関連性


生産管理は広範囲の管理を行っていて、体系的には、大きく分けて第一次管理と第二次管理のふたつの段階から構成されています。ここでは、品質管理との関連性についてみていきましょう。

生産管理のグルーピング

生産管理とは、製品を生産するうえで、納期、数量、場所、工数の計画や管理を支援することです。

生産管理の第一次管理には、設計・製造の品質管理、原価管理、工程原理の製品の価値条件管理に直結するもの、第二次管理には、資材管理、設備管理、作業管理、作業者管理などの生産要素が当てはまります。品質管理は、生産管理のなかで大きなウエイトを占めています。

生産管理の重要性

生産管理とは、製品の生産計画から出荷するまでの管理全般を指し、生産に関する一連の業務を担っています。製品の品質維持や、適切な在庫確認、人件費などすべての面を考慮しバランスのとれた管理が求められます。

適切なチェック体制を整えつつ製品の高品質を保てれば、不良品が発生するリスクを低減でき低コスト化が実現できます。そのため、製造業における生産管理は、企業の利益向上の要といえます。

生産管理での品質管理の役目

生産管理における品質管理の役目は、品質の改善や保証、工程管理を担うものであり、一定の品質を保つためには重要な仕事です。

「生産ライン」の品質管理では、工程管理、品質検証、品質改善を行い、製品の品質を保証しています。工程管理では、品質維持のため、作業手順の標準化や人材教育訓練、設備能力の管理を行います。品質検証は、製品や工程に問題がないかを検査し、品質を保証します。品質改善は、発生した不適合品の再発防止策や不適合品発生を未然に防止するための改善を行います。

品質管理を含めた生産管理全体の課題


品質管理を含めた、生産管理全体が抱える課題について解説していきます。少子高齢化による人材不足をはじめ、納期管理や需要予測、コストなどさまざまな課題について詳しく解説します。

少子高齢化と人材不足

近年、製造業など多くの産業において、少子高齢化による働き手の人材不足が慢性化し、技能伝承に大きな影響を与えています。今後、さらに人材不足が加速することを考慮すると、人手に頼ってきた工程の大部分のAI技術活用による自動化が不可欠といえます。

適正な納期管理がされていない

適正な納期管理が行われていない点も課題のひとつです。納期遅れ、手配漏れ、誤発注が発生すると、その分手間もかかります。納期遅延や発注、受注ミスは、発注側の誤発注および、受注側の誤受注とそれぞれの要因が考えられます。このようなミスを発生させない対策には、二重三重の承認体制を整え、多くのチェックをする必要があります。この流れをスムーズに行うためには「可視化」が必要不可欠です。

正確な需要予測ができていない

適切な在庫管理は、部品や資材の量が多くなればなるほど、難しくなるものです。正確な需要予測ができていないと、過剰在庫が発生するリスクがあります。一度このような状況に陥ってしまうと、改善には生産体系の抜本的な改革が必要となります。

適切なコスト計算ができていない

大がかりなシステムに頼らない中小企業などは、生産統制での原価管理において、原価を正確に把握し、効果的な計算がされていないケースがあります。正確な原価管理は、適切な価格設定で利益向上を見込めるほか、業務の短縮や簡略化につながり、労務費削減にも貢献できます。

部門間の標準化が難しい

多品種少量な製造業では、生産工程において各部門間での標準化が難しい点も課題です。営業部、製造部、生産技術部など、製造に関わる複数の部署が、自部署の利益だけを重視した結果、対立してしまうと、コミュニケーションを取ることが難しくなります。

課題の解決策とは?生産管理における品質管理の技法


生産管理が抱える5つの課題について解説しましたが、ここからは課題に対する解決策を紹介します。品質管理を明確に実行するためには、さまざまな統計手法を駆使する必要があります。

QC7つ道具

品質改善の技法であるQC7つ道具を解説していきます。

まずはグラフです。管理図を含むグラフは、問題を発見するツールとして使用します。次に、パレート図、ヒストグラム、特性要因図などがあり、問題の原因を把握したいときのツールとして使用します。また、グラフ、散布図、管理図は対策後、問題が解消したことを確認するために使われます。

新QC7つ道具

新QC7つ道具は、言語データを簡潔に図へ整理する技法で、以下のとおりです。

  • 親和図法
  • 言語データをグループ分けし「整理」「分類」「体系化」する方法です。問題の「親和性」、「構造」を整理できます。

  • 連関図法
  • 原因と結果、目的と手段などが絡み合った問題について、その関係を論理的につないでいき、問題を解明する方法です。複雑に絡み合った問題の因果関係を明らかにできます。

  • 系統図法
  • 目的と手段を系統づけて対策を整理する方法です。問題解決の具体策を見つけられます。

  • マトリックス図法
  • 「系統図法」によって展開した方策の重みづけや、役割分担などを決めるために使用される方法です。ふたつの要素を行と列に並べて、その対応関係を明確にできます。

  • アローダイアグラム
  • 問題の解決の作業が絡み合っている場合、各作業の関係と日程のつながりを明確にする方法です。最適な日程計画を作成できます。

  • PDPC法
  • 目標達成までの不測の事態に対応した代替案を明確にする方法です。事前に考えられるさまざまな結果を予測し、不測の事態への対応策を作成できます。

  • マトリックスデータ解析法
  • 「マトリックスデータ解析法」は、2つ以上のデータを解析することで、傾向が一目でわかる方法です。複数のマトリックスを整理し、問題の整理を行って解決策を探します。

トレーサビリティ

製品(サービス)が製造され、消費されるまでのプロセスを追跡する品質管理方法です。製品の品質向上に加え、安全意識の高まりから重要度が増しており、幅広い分野で導入されています。製品の信用度がアップする効果があります。

不良分析

不良分析とは、品質管理上の不良原因を、漏れなく検討するための再発防止の技法です。不良品が発生した際の原因追及は、不良内容の分布状況を見て推測します。原因を突き止めたのち、再発防止を立案、実施し、再度不良品が発生しないか確認します。このサイクルを繰り返し、コスト削減や納期短縮に努めます。

生産管理をシステム化する品質管理のメリット


前述した解決策は、特別な生産管理の資格スキルを必要とし、人材不足のなか、すべてを人力で行うことが難しくなっています。昨今、製造業をはじめとした多くの企業において、生産管理システムが導入されつつあります。生産管理をシステム化することで得られる品質管理のメリットについて説明します。

業務属人化の解消

システム化するメリットのひとつが、誰でも均一に品質管理を行え、業務の属人化を防止して標準化が可能となる点です。今まで、個人の経験や勘に頼ってきた企業は、当人の欠勤や退職による業務の停滞を軽減できます。

管理コストの軽減

生産管理システムによる正確なコスト管理が行われると、管理コストの軽減につながります。製造原価のチェックすることで、販売価格に対する利益率の確保につながります。資材コストや工程における管理では、生産工程の効率化が図られ、資材の仕入れ価格及び調達先などの見直しも容易になります。

製品・サービスの追跡

トレーサビリティに代表されるように製品・サービスが追跡可能になると、原料の調達時期、場所、価格、生産の責任者、工程に至るすべての記録が可能になります。記録データは、必要に応じて瞬時にチェックでき、製品の品質に問題が生じた際の原因や責任を追及できます。製品にICタグを付けておくと、適正な在庫管理・棚卸しの簡略化を期待できます。

データ収集・分析の自動化

システム化により、大量の作業データを収集できる点もメリットです。収集したビッグデータは行動に分析可能となり、意味のある知見を得られるはずです。

生産管理のDX化ならノーコードAI「UMWELT」にお任せください!

製造業での品質管理をはじめとする生産管理の効率化には、システムの見直しとDX化が必要不可欠です。ぜひTRYETINGの「UMWELT」を活用して、生産管理をシステム化しませんか?UMWELTであれば専門知識が不要なうえ、低コストで情報連携とデータの活用が簡単に行えます。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

生産管理における品質管理の役目は、品質の改善や保証、工程管理を担うものであり、一定の品質を保つには重要な仕事ですが、課題があります。TRYETINGの「UMWELT」を導入することで、課題解決や貴社の収益を上げるための効率化に貢献できます。具体的な内容については、弊社のホームページから資料請求をしていただくか、お気軽にお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。