MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理の改善事例を紹介!業務改善のポイントや注意すべき課題をチェック!

計画から受注、発注や管理など多岐にわたる生産管理。この記事では、そんな複雑な生産管理についての改善点や改善方法などを、基礎であるQCDから現場に合わせた細かな注意事項、重要なポイントまで、その改善エピソードとともに解説していきます。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

article-banner-umwelt

生産管理の基本的な知識


生産管理には、大事な要素が三つあります。Q(品質)、C(原価)、D(納期)です。これらに重点を置き管理することで、顧客のニーズを満たすことに繋がり、結果として業績アップに繋がります。ここでは、そのQCDについての解説や、その最適化方法を解説します。

生産管理とは何か?

製造業の現場では、計画や指示に基づいた生産が行われており、これらを管理することを生産管理と言います。生産管理では、QCDが大切になります。QCDとは、品質の良いものを(Quality)、原価を抑えて(Cost)、短納期(Delivery)で作るといった要素のことです。QCDを最適化するには、納期、在庫、工程、原価を重要視し、管理する必要があります。

QCDを最適化するには

QCDを最適化するには、納期、在庫、工程、原価を重点的に管理する必要があります。これらを管理するには、生産計画を立て、いつ何をどれだけ作るかを管理したり、受注管理を行い、いつどこから何を受注するのかを管理するなどの手法があり、これらを行うことで、QCDはさらに強化され、顧客のニーズを満たすことに繋がります。

【生産管理】7社の改善事例を紹介


ここでは、生産管理のシステム導入による改善事例を7社ご紹介します。それぞれさまざまな課題や問題があり、それらを解決できるのが生産管理システムです。一見複雑で難しそうに見える生産管理を、7社の事例とともに解説していきます。

神津精機株式会社様のケース

多品種少量生産を行う神津精機株式会社では、突然の仕様変更や、それに伴う部品変更などが多く、生産管理がきちんと行われておらず、正確な原価を計算できないことが課題でした。しかし、生産管理システムを導入したところ、在庫管理が自動で行われ、仕様変更にも自動で対応するため、大幅に改善できたと言います。

株式会社波南様のケース

形も大きさも異なる梱包材を製造・輸送していた波南株式会社では、取り扱う梱包材の品目は数千点にもなり、Excelで管理しようとしていましたが、正確な原価がわからないなど課題は山積していました。そこで、生産管理システムを導入したところ、原価がリアルタイムに反映され、また、価格の変動があった際にも入力すればすぐに全データに反映されるため、見積もりをすぐに変更するなど柔軟な対応が可能になったと言います。

アイメックス株式会社様のケース

顔料やプラスチック製品を個別受注生産していたアイメックス株式会社では、データや在庫管理を各部門ごとに行っていたため、その共有が課題でした。現状は、各部門ごとにExcelで管理しており、一件データを検索するのに、20分~1時間もかかっていました。そこで、生産管理システムを導入することにより、データを一元管理できるようになり、受注に関わる工数を半減できたと言います。また、工数が半減したことにより、業務効率も向上しました。

川辺農研産業株式会社様のケース

特殊農機を製造・販売する川辺農研産業株式会社では、原価計算や生産管理システムと販売管理システムの統合管理が課題となっており、ストック部品など在庫が適正に管理できていませんでした。そこで、生産管理と販売管理を統合した一気通貫型のシステムを導入することにより課題を解決し、過剰在庫などが5%減、利益率が2%改善しました。

本田工業株式会社様のケース

自動車部品や電動工具部品などを金型作りから量産まで一貫して提供する本田工業株式会社では、短期スパンの生産計画変更に対応できない課題がありました。そこで、生産管理システムを刷新することにより、生産計画の精度や対応力を高めることで、生産計画変更へ毎日でも対応できるようになり、トレーサビリティーや、在庫把握の精度が上がりました。

製薬原料製造業者様のケース

製薬の原料製造を手がける業者では、原料の熱分解過程を熟練の技術者が48時間体制でコントロールしなければならない課題がありました。これは、さまざまな条件をコントロールしながら、目的生成物の収率を最大化するためです。その課題を解決すべく、UMWELTによってコントロールをAIによって完全自動化することで、熟練の技術者の負担は減り、生産性の向上が実現されました。

豊田合成様のケース

ゴムや樹脂技術を活用した自動車部品の開発・生産や、高分子・LEDの知見を応用してさまざまな物を開発している豊田合成では、高分子材料の開発の方向性を定めるために、UMWELTの導入により、AIによる要因解析などを行いました。製品ごとにデータフォーマットの違いなどもある中で、UMWELTの導入によりスムーズにAIを活用することができました。

生産管理を改善するためのポイント


生産管理を改善する際の気を付けておくべきポイントや、注意すべきリスク、PDCAなどの活用すると良いフレームワークなどを解説します。これら五つのことに注意すれば、適切な生産管理の業務改善をすることが可能になります。

業務を3つの視点でチェックする

業務改善の基本的考え方は、「無くす」「減らす」「変える」の三つです。生産管理の現場では、無くしても問題はないが、慣習的に残っている作業などが多く存在します。それらを無くしたり、減らしたり、変えたりすることは業務の効率アップに繋がり、業務スピードを改善してくれます。

業務を定型化する

生産管理には、多くの非定型業務が存在します。これらの業務には、マニュアルが存在しないことがほとんどです。非定型業務の特徴は、業務を行う人の裁量に任される部分が大きいことです。こうした業務が多くては、QCDを実現することは難しいです。そこで、さまざまな業務を定型化することにより、業務効率を大幅に向上させることができます。

業務の属人化を防止する

業務の属人化は、周囲の理解が足らないために発生することがほとんどです。属人化された業務が多いと、それだけで多くのリスクが存在します。例えば、Aさんしかできない仕事が存在するだけで、Aさんが休んでしまった時にその仕事はストップしてしまいます。また、業務の引き継ぎにも大変な労力がかかります。そこで、業務を可視化することにより、内容を共有し、属人化を防ぐことが大切です。

段階的に適用範囲を拡大する

生産管理の業務改善は、広範囲にわたって影響することがよくあります。そのため、生産管理の業務改善は、「段階的に拡大する」のが大切な要素となります。スモールスタートで改善へ取り組み、徐々に大きくしていくことです。最初は少しづつ改善を進め、徐々に適用範囲を広げ全体の業務改善に繋げるのが重要になります。

PDCAサイクルを確立する

最後に最も重要なポイント、PDCAサイクルを繰り返すことです。PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)のサイクルのことです。業務改善は、このサイクルの意識することにより、適正かつ確実な業務改善を実現することができます。PDCAサイクルを確立し、安定してそれを行えるような環境づくりが大切です。

DXによる生産管理システムの見直しが改善の鍵


中堅・中小企業の多くは、生産性向上や、業務効率化を目指して、DXを推進し積極的に取り入れようとしています。少子高齢化による労働人口の減少は、製造業にとっても大きな痛手であり、生産管理システムの改善は急務と言えます。ところが、製造業では20年以上前のメインフレームシステムを導入している場合が多く、それらの刷新や改善による業務効率の向上が喫緊の課題となっています。

手軽に業務をDX化して生産管理システムを導入したいなら「UMWELT」がおすすめ

生産性向上や生産管理改善に向けたさまざまなサポート要素が充実しており

  • ノーコード
  • 需要予測
  • CRM
  • データ分析

など、日々の業務を簡単に最適化・効率化できる内容に富んでいます。また、「UMWELT」は、特定のスキルがなくても利用できるよう事前にシステムが構築されており、プログラミングやネットワークなどの難しい知識がない方でも簡単にシステム構築、導入や作業を行うことができます。UMWELTを使えば、「簡単に」「高度な」アルゴリズムを構築することが可能です。日々の目標管理や施策改善でお悩みの方は、ぜひUMWELTをお試しください。

まとめ

この記事では、生産性向上や生産管理の改善に向けたさまざまなことを解説しました。QCDを実現するための多くの気をつけるべき点や注意事項だけでなく、改善事例も交えて解説しました。これにより、生産管理の課題が解決されれば幸いです。また、業務の効率化やDX化に興味のある方は、ぜひUMWELTをお試しください。大変なデータ分析や生産性向上に役立つ技術などを、正確に提供してくれます。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。