MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

DXとは何かについてわかりやすく解説!メリットや事例、導入方法は?

ビジネスの現場で頻繁に使われている単語に「DX(デジタルトランスフォーメイション)」があります。この記事ではDXの定義や導入に必要なプロセス、実際の導入事例についてわかりやすく紹介します。DXについて詳しく知りたい方は参考にしてください。

article-banner-umwelt

DXとは何か?わかりやすく解説


DXとは、「デジタル技術によってビジネスに改革をもたらす」ことを指します。元はデジタルによって人々の生活を豊かにすることに使われる言葉でしたが、この頃は主にビジネスの場面で使われるようになりました。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

DXはDigital Transformationの略称

DXはDigital Transformationの略称で、「デジタル技術を効果的に活用できる環境を整える」意味があります。英語圏では「transformation」の「trans」を「X」と略し、「X-formation」とすることが一般的なためDTではなくDXと表記されます。

DXの定義

DXの初出は2004年、スウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授らが「すべての人々の生活環境をデジタル技術で変革していくこと」を提唱したところから生まれました。2018年には経済産業省によってデジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン「DXガイドライン」が定められました。昨今では主にビジネスの場面で使われ、「デジタル技術によってビジネスに改革をもたらす」ことを意味します。

ビジネスにおけるDXの重要性


ビジネスにおけるDXの重要性は増すばかりです。ここでは、ビジネスの場面でDXを導入する重要性を3つの理由とともに説明します。

近年の働き方の変化に適応できる

ワークライフバランスを重視した働き方やテレワークの普及により、働き方のニーズは大きく変化しました。DXを導入し、PCやインターネット環境を構築したりペーパーレス化を進めることでテレワークや時短勤務が可能になり、働き方の変化に柔軟に対応できるようになります。

消費者の意識の変化に対応できる

便利な商品やサービスに慣れた消費者は、既存の煩雑な手続きを避ける傾向にあります。DX化を進めると、顧客対応を効率化できるほか、顧客のデータを把握し顧客ニーズに合わせた商品を提案できるなど消費者意識の変化にも柔軟に対応することができます。

既存システムの老朽化

老朽化した既存システム(レガシーシステム)は、維持費の高騰や運用できる人材の不足が予想されます。既存システムの課題や人材不足を解決されなければ、最大12兆円の経済損失が生まれると経済産業省が提唱しているほど、非常に深刻な問題です。DXを導入し新しいシステムを導入すれば、今後高騰していく既存システムの運用コストを抑えることができます。

DX導入に重要な2つの要素


DXを導入しその効果を最大限に発揮するには、2つの要素を抑える必要があります。ここではDXの導入に重要な2つの要素をわかりやすく解説します。

経営方針や変更やビジネスモデルの変革

既存の経営方針やビジネスモデルにDXを当て込むだけでは、DXが実現した社会への適応は難しいです。DX導入によって達成したい目標やビジョンを新たに定め、既存事業の改革や新規ビジネスの創出、ビジネスモデルの変革が必要です。同時に社員のマインドセットやサポート体制の整備を行い、企業全体がDX化を受け入れる体制を作る必要があります。

ITシステムの環境整備

経営方針やビジネスモデルの変革だけでなく、ITシステムそのものの環境整備も重要です。ブラックボックス化し複雑化した既存システムを刷新し、開発や運営プロセスを見直す必要があります。また、新しいITシステムを管理できる人材の確保、育成も重要なポイントです。

DXで活用される技術


DXで活用される技術は主に以下のものがあります。

クラウド

クラウドとは、データの保存やシステム開発がインターネット上で行えるものです。膨大なデータを保存できます。

IoT

「モノのインターネット」と訳され、パソコンやスマホはじめとしたモノをインターネットで繋げ制御や情報解析に利用する技術です。

5G

新しい情報インフラである5Gは、「高速大容量」「多数同時接続」「超低遅延(タイムラグの大幅削減)」などの特徴があり、容量の大きいデータを即時に高速で通信できます。

AI

いわゆる人工知能のことで、ビックデータを活用し従来の機械では行えなかった高度な作業が可能です。業務効率化や需要予測に使用が期待されています。

DX導入の手順とは?


DXを導入するには、以下のような手順を踏む必要があります。

DXの概要とツールについて理解を深める

まずDXの概要とツールについて理解を深めることが大切です。DXの概要と必要なデジタル技術を把握し「主に何ができるのかできないのか」を把握する必要があります。RPAやERPといったITツールに関しても大まかに理解しておくことが望ましいです。

DXのビジョン・KPIを明確にする

DXについて大まかな概要を把握したら、DXを通して実現したいビジョンを明確にする必要があります。大まかにビジョンを設定するだけでなく、社内全体への共有や目標達成度を測るKPIの設定も同時に行いましょう。

人材を確保し、評価・分析・改善を繰り返す

DXの運用は評価・分析・改善を繰り返し、目標達成を目指していきます。ITやDXに精通した人材を確保し、評価・分析・改善のサイクルを正しく回せるように環境を整えましょう。

企業のDX導入事例


ここでは、TRYETINGのお取引先企業様のDX導入事例を紹介します(敬称略)。

豊田合成

豊田合成はゴム・樹脂技術を応用した自動車部品の開発・生産や、これまでに培ってきた高分子・LEDの知見を応用してさまざまな製品を開発している大手メーカーです。幅広い製品を扱うため、大量データの運用が課題になっていました。

そこでDX化を進め、データの処理にAIを活用。数値や画像、文字情報などフォーマットの違う大量のデータ素早く処理することで、要点解析を効率よく行えるようになりました。

東急不動産ホールディングス

東急不動産ホールディングスは、東急不動産、東急コミュニティー、東急リバブル、東急ハンズ、東急住宅リース、学生情報センターの主要6社を中心に、都市開発事業、戦略投資事業、管理運営事業、不動産流通事業を展開している会社です。

全国100を超える運営施設での、スタッフのスキル(能力)や希望シフト、夜勤、法定労働時間、繁忙・閑散を考慮したシフト作成が課題でした。DX化により、スタッフの熟練度や業務内容を考慮したシフトを自動作成できるようになり、業務の効率化を行っています。

製薬原料製造業者

とある製薬原料製造業者では、製薬原料用の結晶系材料に関して、これまで熟練の技術者が48時間以上もつきっきりで炉の状態監視を行う必要がある課題を抱えていました。そこで、過去数年分のデータを解析、AIに学習させることで熟練の職人の「勘やコツ」をAIで再現しました。

熟練の技術者による「勘やコツ」などのスキルは属人性が高く、世代交代とともに失われてしまう危険がありますが、DX化を進め機械に代替することで安定した事業継続に繋がります。

AIを活用して業務をDX化するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

AIを活用して業務をDX化するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。UMWELTはプログラミング不要でかんたんに分析や自動化を行います。高度なIT技術を持たなくても、多様なアルゴリズムを視覚的に組み合わせることで簡単に自社にあった活用が可能です。DX化を検討している方は一度導入を検討してみてください。

まとめ

DXとは「デジタル技術によってビジネスに改革をもたらす」ことを指します。DX化進めることで顧客満足度の上昇や業務の効率化、働き方の改善にも対応できます。AIを活用して業務をDX化するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。興味のある方は下記よりお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。