MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理をシステム化する効果とは?機能やシステム化のポイントを解説

モノづくりをしている製造業の現場では、日々生産計画に基づいて商品の製造をおこなっています。製造をおこなうためには、何ヶ月も前から部品の発注をしたり、外注との調整をしたりするため、管理するのが大変なものです。こうした生産に関わる管理を楽にするのが「生産管理システム」です。生産管理システムの導入は、製造業の生産効率を最大化して企業の利益拡大につながります。

しかし、「生産管理システムがどのようなものかわからない」「生産管理システムにはどんなメリットがあるの?」「導入手段やポイントはあるの?」と疑問に思う方も多いでしょう。そこで今回は、生産管理システムの概要やメリットを紹介しつつ、導入手段やポイントも合わせて解説します。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

article-banner-umwelt

生産管理システムの概要


生産管理システムと聞いても、どのようなものなのかイメージがつきにくいものです。ここでは、生産管理とシステムの関係について解説し、生産管理システムで得られるメリットをご紹介します。

生産管理とシステムについて

そもそも生産管理とは、製造業などのモノづくりをおこなっている現場において、QCDを最適化する仕組みを意味します。QCDとは「品質(Quality)、原価(Cost)、納期(Delivery)」の頭文字を取った略称です。

製造業では、自社内の製品を製造したり、外注から依頼された製品を請け負ったり、部品だけを製造したりするなど企業によってさまざまあります。これら全ての企業に共通しているのが、製造するために必要な部品の調達を事前に調達し、納期までに納品や出荷をすることです。したがって生産管理システムとは、製造に関わるあらゆる管理をシステムで効率的におこなう仕組みを意味します。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

システム化で期待できる効果

生産管理システムの導入は、以下の効果が期待できます。

  • 余剰在庫の削減
  • 欠品防止
  • 生産計画の最適化
  • 人件費の削減
  • 品質向上
  • リードタイムの短縮
  • 原価コスト削減
  • 業務効率化

製造業ではITへの投資をしていない企業が多く、生産管理をExcelやAccessなどで属人的な管理をしているケースが見受けられます。特に、ExcelのマクロやAccessの作り込みによって開発者しかメンテナンスできない状況が発生してしまうのです。その結果、担当者が不在時にフォローができず業務全体がうまく回らない状況に陥ってしまうでしょう。こうした属人化の問題を解決するためにも、生産管理システムの導入は効果的だといえます。

生産管理システムが担う重要な基本機能


生産管理システムは、主に以下の機能を基本としています。

  • 生産計画
  • 資材管理
  • 仕入管理
  • 販売管理
  • 製造管理
  • 在庫管理
  • 予算管理
  • 原価管理
  • 顧客管理

それぞれ解説しましょう。

生産計画

生産計画はモノづくりの現場において全ての起点となるもので、生産管理システムでも中核を担う機能です。生産計画は、企業によって計画の対象となる期間が異なります。多く見られるのは「3ヶ月計画」「月次計画」「週次計画」です。作成時には、商品の受注データをベースとして、対象製品の在庫や納入時期、製品の原価を考慮した生産計画を作成します。

モノづくりの現場では作業工程ごとに部門が分かれているため、ここで作成した生産計画をベースにそれぞれの工程ごとの計画を立てるケースもあるでしょう。

資材管理

資材管理では、現在の在庫から生産するために必要な資材の所要量を計算していきます。生産計画と並行しておこなっていく業務で、完成品となる製品から必要となる部品等の量を計算し、納期までに間に合うような計画で調整をしなければなりません。

仕入管理

仕入管理では、部品等の仕入に関する情報を一括で管理できます。モノづくりの現場では、製品を完成させるまでにさまざまな工程を通っていくため、指定の日時までに全ての部品を揃えておかなければなりません。したがって、発注した部品が問題なく納品されているのか、納品が遅延していないのか、必要な部品数が納入されているのかを確認する必要があるのです。

また、仕入管理によって仕入先を管理できるため、仕入先の経営状況や部品のコストを元に仕入先の変更もスムーズにおこなえるでしょう。

販売管理

販売管理では、部品の見積もりから完成した製品の売上管理までおこなえます。モノづくりをする企業では、完成した製品を販売しなければ在庫となり、企業が抱えるコストとなってしまいます。したがって、製品の販売量を確実に把握し、将来的にプラスになるかマイナスになるかの検討もおこなえるのです。

製造管理

製造管理では、製品が完成していない仕掛品の状態を把握し、各工程でおこなうべき業務を効率的に判断できます。モノづくりの現場では、製品が完成するまでに多くの工程を経ているため、途中の状態となる仕掛品を把握するのが重要です。

仕掛品の状態を把握することで、次工程への作業指示をおこなったり、作業進捗の把握ができたり、作業日報の更新ができるでしょう。

在庫管理

在庫管理は、ハンディターミナルを活用して「受入、出荷、入庫、棚卸」といった処理を実行するため、リアルタイムで在庫の動きがわかり業務効率化につながります。製造業では在庫管理が大切な要素であり、在庫の状態によって現場の作業計画も日々変わっていくのです。

例えば、前工程で作業中の不良によって在庫数が少なくなった場合、在庫管理をしていればどの工程に仕掛品があるのかわかるため、日々の計画も立てやすくなります。

予算管理

予算管理は、部門別もしくは組織全体における予算編成業務を効率的におこなうための機能です。組織が大きくなるにつれ、部門ごとに予算を検討したり、組織全体の予算を効率的に検討していくのが難しくなります。そこで、予算管理を活用すると予算計画に対して実績がどうだったのかが分析できるため、来期以降の予算策定時にも役立ちます。

原価管理

原価管理は製品そのものにかかる費用を管理するため、正確に原価を把握することで企業の経営活動にも活用できます。原価管理は、見積管理システムと連携することで製品に使われる部品の原価を把握できるため、人の手で原価計算をおこなうよりも精度が高くなります。

顧客管理

顧客管理では、顧客情報と生産情報を連携させることで、顧客分析や企業のマーケティング事業に活かせます。最近は、製造業においてもどの顧客にどのような製品を届けるのかが重要になってきています。顧客管理をすることで、企業のマーケティング戦略に大きなメリットをもたらしてくれるでしょう。

生産管理システムを成功させるためのポイント


生産管理システムの導入時には、ただ闇雲に進めるだけでは失敗に終わってしまいます。成功させるためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 経営層も含めたプロジェクトの遂行
  • 業種に合ったパッケージ導入

経営層も含めたプロジェクトの遂行

生産管理システムの導入時には、決定権を持つ経営層も含めて一つのプロジェクトとして遂行するのがポイントです。生産管理システムは全社的に関わる大きなシステムとなり、製造業における基幹システムに該当します。まずは経営層の目的を把握し、企業としての導入目的を明らかにするのが重要です。その後、各部署へ横断的にヒアリングをしていき、業務の把握と置き換えを進めていきましょう。

業種に合ったパッケージ導入

生産管理システムは、先述した機能を搭載しているのも重要ですが、自社に合った機能を持ったシステム導入が大切です。業種ごとに必要となる機能が異なってくるため、システムで重視すべき項目も異なってきます。

例えば、モノづくりの現場であるならば、先述した機能以外にも製品に使われている部品構成管理ができるものを選定するのが良いでしょう。また、システムによってはカスタマイズを柔軟におこなえる場合もあるため、自社業務形態に合わせた対応をしてくれるベンダー選定も重要です。

失敗しない生産管理システムパッケージの選び方


生産管理は、ExcelやAccessを駆使して管理している企業も多いでしょう。しかし、部門ごとに独自のシステムが出来上がってしまい、担当者しかシステム内部を把握していないという属人化が進んでしまいます。そのため、生産管理システムを導入して横断的なシステム構成にするのがおすすめです。ここでは、先述したポイントを理解した上で低コストなパッケージの選び方を解説しましょう。

導入タイプ

生産管理システムを導入するときには、「オンプレミス」タイプよりも「クラウド」タイプがおすすめです。オンプレミスタイプは、自社内にサーバーを構築して運用する構成です。一方でクラウドタイプは、自社内でのサーバー構築が不要となり、ライセンスの購入が完了すればすぐに導入できます。

また、オンプレミス型はサーバーの管理や導入システムのアップデートを自分たちで行わなければならないため、セキュリティ対策を常にしなければならないのです。その反面、クライドタイプは常に最新の状態でシステム利用ができるため、セキュリティ対策も十分におこなわれた状態で利用できます。

操作性

生産管理システムは、導入するパッケージによって専門的な知識がないと扱えないものがあるため、誰にでも扱えるような操作性を持つパッケージが良いでしょう。特に、生産管理では計画と実績を元に精度を向上させていくAIの活用が重要であり、そのためにはAIの専門知識がなくても利用できるシステムの導入が効果的でしょう。

利用料

導入時の利用料は安さだけを重視するのではなく、以下の点を意識しましょう。

  • 自社で機能しない利益減少も考慮する
  • 他社との比較検討をおこなう
  • わかりやすい料金体系であるのか
  • 追加料金があるのか

サポート

生産管理システムの導入時には、サポートが十分であるのかも重要なポイントです。特に、導入時のサポートだけではなく、導入後にもコンサルタントの指導や訪問サポートを定期的におこなってくれるかという点も大切です。

生産管理システム化なら専門知識が不要な「UMWELT」がおすすめ!

数ある生産管理システムの中でも、TRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。UMWELTは、データ分析や自動化の仕組みをプログラミング不要で実現できるサービスです。UMWELTには約100種類ものアルゴリズムが活用されており、組み合わせによってあらゆるデータを高度に分析できます。

アルゴリズムを活用した分析は、ドラッグ&ドロップの操作でブロックを組み合わせるだけで構築できるため、プログラミングの知識が不要で実現できるのが特徴です。UMWELTはAPI連携ができるため、システムへ組み込まずにAI化が実現できます。特別な環境を用意する必要はなく、導入後すぐに業務の自動化が可能です。また、UMWELTは部署ごとに分けられたアルゴリズムを社内で共有できます。

社内で連携することで、部署をまたぐデータの取り扱いも可能です。生産管理システムの導入で悩んでいる方は、直感的な操作でAIを実現できるUMWELTを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

生産管理システムは、製造業の現場において業務効率化を最大化するために必要不可欠な要素です。属人的な管理が進んでいる企業では、導入までに大きな手間がかかってしまうものの、導入後に大きなメリットが得られます。

もし、生産管理システムを導入してみたいと思っている方は「UMWELT」がおすすめです。ドラッグ&ドロップの簡単な操作だけで、高度なアルゴリズムを実現できます。少しでも興味を持った方は、下記ページからお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。