sidebar-banner-umwelt

TECHNOLOGY

ノーコードDXクラウドで迅速な開発ができる!メリットや注意点は?

 

ノーコードDXクラウドで迅速な開発ができる!メリットや注意点は?

プログラミングの知識がなくとも、アプリケーションツールの開発ができることで、注目を集めているのが「ノーコードDXクラウド」です。ノーコードDXクラウドの活用で、サービスの開始やアップデートを迅速に進められるようになる一方、注意点もあります。今回の記事で紹介します。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

社会から注目されているノーコード開発とは?

聞き慣れないノーコードという言葉ですが、ソフトウエアが作れるソフトといわれると、想像がつく方も多いでしょう。最初に、ノーコードがどのようなシステムなのか、ノーコードが誕生するまでの歴史などについて解説します。

機能に優れたWebアプリを開発できる「ノーコード」

ノーコードとは、エンジニアやプログラマーでなくとも、画面を操作するだけで機能が充実したアプリを開発できるサービスの総称をさします。ノーコードという概念自体は、以前から存在していたのですが、言葉が最初に取りあげられられたのは、ライアン・フーバー氏が書いた「ノーコードの勃興」というブログ記事でした。
彼は、自らが創業した「Product Hunt(プロダクトハント)」というサイトで、世界中の新しいサービスを紹介していましたが、そのサイトには多くのノーコードツールが紹介されていました。ブログ記事をきっかけとして、ノーコードの概念が広まっていったのです。

ノーコードツールができるまでの歴史

ノーコードの概念が広まったとされているのは、1979年です。Apple IIに搭載された「VisiCalc」という表計算ソフトウエアがこの年に発表されました。これより以前にも、たくさんのプログラマーやエンジニアたちが、プログラミングを作成しなくともWEBサイトやアプリが作れないか模索を続けていました。
「VisiCalc」の制作過程の中で、ライブラリやフレームワークなどの機能が進化したことで、プログラミングを行うハードルが徐々に下がっていったのです。また、既存のMicrosoft WordやExcelが持つ機能により、事務作業が効率化されていきました。こうした流れにより、ノーコードの発展につながっていきました。

ノーコードツールの種類

ノーコードツールには、大きく分けて3つのタイプがあります。
1つめは、データベースをあらかじめ作成するタイプです。ノーコードにより、アプリケーションの作成は可能ですが、事前にデータベースの設計やセキュリティの定義を行う作業が必要です。
2つめは、Javaや.NETのプログラムを自動生成するタイプです。作業は楽になるものの、ある程度のプログラミングスキルが必要なため、スキルがない担当者には難易度が高くなります。
3つめは、画面上でイメージを作成すると、データベースが自動で生成されるタイプです。これにより、意識せずにデータベースの項目が追加されます。

企業にノーコードが注目されている理由

ノーコードは、近年、企業から大きな注目を集めています。目新しい技術ではないノーコードが、今注目を集めている背景には、次のような理由があります。それぞれについて、詳しく検証してみましょう。

顧客ニーズが多様化・複雑化しているため

現代社会では、個人の考え方や判断が尊重される傾向が強まっており、それに伴いニーズの幅も広がっています。ビジネス面での課題を克服し、多様化・複雑化している顧客ニーズに対応するには、常に新たなアイデアを投入していかなくてはいけません。このとき、ノーコードの機能が大いに役立つことから、注目されているのです。

IT人材が不足しているため

「2025年の壁」という言葉があるように、ITを扱えるエンジニアの数が足りないことも、ノーコードに注目が集まる大きな要因です。ITエンジニアの育成には、時間やコストがかかるため、増え続けている需要にすぐに追いつける状況ではありません。ノーコードは、エンジニアまでの知識は求められず、一定のIT知識があれば対応できます。既存の社員がノーコードを扱えると、スムーズに業務を進められます。

クラウドサービスが一般化しているため

サーバーやデータをネットワーク経由で共有するクラウドサービスは、今やビジネスの場面で欠かせない一般的なシステムです。サーバーやソフトウエアの購入には、多額のコストがかかりますが、クラウドサービスの多くは従量課金や月額支払いで利用可能です。これにより、コストを抑えてシステム運用ができるようになりました。

article-banner-umwelt-middle

ノーコードDXでクラウドを活用するメリット

クラウドの活用のために、ノーコードDXを導入すると、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、主にあげられるメリットを3つ紹介します。

作成に時間がかからない

通常のプログラミング開発では、ソースコードを書く作業に多大な時間を要します。ノーコードDXを利用すると、専門的な知識が不要なうえ、コードを書く必要もなく、簡単な操作でソフトウエアを作成できます。バグが発生するリスクも減らせて、完成までの時間も大幅に短縮できます。画面を見ながら、テンプレートに沿ってドラッグやドロップの作業を行うことで、効率的に進められます。

ランニングコストが安い

ノーコードDXを導入すると、これまで予算の関係でシステムやアプリの開発を断念していた企業も、安いコストで開発を進められます。ソフトウエアの購入が不要となるうえ、エンジニアやプログラマーを育成せずに、専門知識がない既存社員でもシステムを開発できるようになります。外部に依頼する必要がなくなり、大幅なランニングコストの削減が期待できます。さらに、収益の増大も目指せる可能性が高まります。

社員の負担を減らせる

ノーコードツールは、データを自動化処理できる点が大きなメリットです。自動でデータ処理や加工が可能になったり、PDFファイルに変換したりすることで、社員の業務負担が大幅に軽減できるようになりました。また、業務に伴う精神的な負担から解放され、社員が働きやすい環境整備につなげられます。

ノーコードDXにクラウドを活用する際の注意点

ノーコードDXにおけるクラウドの活用には、これまで紹介したメリットのほかにも、注意すべき点も見逃してはいけません。ここからは、ノーコードDXを活用する際の注意点を解説しますので、内容を理解しておきましょう。

サービスが停止する可能性がある

それまで利用していたノーコードのサービスが、急遽停止してしまう可能性があります。これは、ノーコードだけでなく、どのクラウドサービスにも見受けられるため、あらかじめ心得ておくことが重要です。
また、サービスが停止した場合、企業のビジネスが成り立たなくあるおそれがあり、機能が決められているために代替サービスを見つけにくい場合があります。

セキュリティ面での不安がある

管理・開発する側が、ITの正しい基礎知識を持っておらず、ノーコードについて正しく理解していないと、セキュリティ面での懸念が見られます。例えば、閲覧権限について正しい処理を行わないと、誰でもデータが見られるようになるといった事例です。エンジニアでない社員が、管理・開発を担当する場合は、最低限の知識を備えるようにすると安心です。

ノーコードツールによるDX推進事例

実際に、ノーコードツールを導入して、DX事業の推進に成功した事例には、どのようなものがあるのでしょうか。ここからは3社の事例を紹介しますので、成功事例を参考にしながら、自社で導入する際の参考にしてみましょう。

インドのフードデリバリーサービスを提供する「Swiggy」

インドでフードデリバリーサービスを展開している「Swiggy」は、同じデリバリーサービス大手の「UberEats」をインドから撤退させるほどの勢いを見せています。「Swiggy」の大きな特徴は、ノーコード開発ツールを用いて、すべてノーコードで開発されている点です。ノーコードの活用により、世界的な巨大企業にも対抗できるうえ、IT活用の可能性を見出す結果につながりました。

オンライン就職活動サービスの「SPOTTO」

応募から面接まで、すべてオンラインで完結できる就職活動サービス「SPOTTO」は、コロナ禍において大きな注目を集めています。それは、日本で初めてノーコードアプリの買収事例となったためです。買収を行った企業は、オンライン広告とオフライン広告を統合してマーケティングを行っており、市場ニーズに即時対応するための買収だったと公表しています。

KDDIによるCATV事業者との業務連携システム

大手電気通信事業者であるKDDIは、提携サービスを提供している日本全国のCATV事業者と共有できるよう、業務連携システムを構築しました。まずシステムのひな型を作り、それに修正を加えることで、半年という短期間での開発に成功しました。使い勝手の良さを追求した結果、業務の効率化につながり、顧客満足度も向上しました。

クラウドを使ったノーコードDXはUMWELTにおまかせ!

クラウドを使ったノーコードDXを導入し、貴社の業務効率化を目指すことを検討される企業様は、トライエッティングのUMWELTをぜひ活用ください。
UMWELTは、DX化のための機能がオールインワンになっており、利用したい機能を組み合わせていくだけで貴社オリジナルのシステムが完成します。さらに、クラウドを活用しているために業界最低水準の価格を実現し、導入のハードルを下げることにも成功しました。
既存システムをそのまま活用して導入できますので使いやすい点が特徴です。興味を持たれた担当者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

ノーコードによるDXは、今後のIT推進に多大な影響を及ぼすと考えられています。導入により、業務効率化や人手不足、コスト削減など、あらゆるメリットが得られます。世間のニーズに対応するため、また企業の業績向上のためにも、ぜひノーコードを活かしたUMWELTの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式アカウントです。
お知らせやIR情報などを発信します。