sidebar-banner-umwelt

TECHNOLOGY

データ収集できるスクレイピングとは?効率化にツールが必要な理由

 

データ収集できるスクレイピングとは?効率化にツールが必要な理由

現代では、多くの企業がAIなどの最新技術を導入し、データ活用の効率化は会社の行末を左右するまでになりました。データを収集する方法の一つとして、スクレイピングが挙げられます。
スクレイピングとは具体的にどんな技術を指すのか、どんなメリットがあるのかは、その名前からだけではわかりません。本記事では、スクレイピングの基礎知識や、具体的な活用場面、導入に際して注意するべきことを初心者向けに分かりやすく紹介します。

▼更にデータ分析について詳しく知るには?
データ分析とは?分析手法や実施するメリットとおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

スクレイピングの基礎知識

スクレイピングとは?

スクレイピングとは「データを収集しかつ目的に合わせて加工すること」を意味します。収集したデータとは、画像やWeb上の情報を指します。似たような言葉に「クローリング」がありますが、これはデータの収集を意味していて、それらを抽出・加工することまでは含まれていません。スクレイピングを自動化できれば、データ活用の効率は格段にアップします。

スクレイピングには、データスクレイピングやWebスクレイピングがあります。データの種類が違うだけで、根本的にはどちらもWebサイトやアプリから情報を抽出し、それをローカルファイルやクラウドに保存することです。

収集したデータからはその目的に応じて記事の名前や日付、タグ、URL、コメント数などを抽出することが可能になります。では、スクレピングを自社で実施するためにはどのような方法があるのでしょうか。

スクレイピングの実施方法

スクレイピングの実施方法は基本的には2つあります。一つは、市場で販売/提供されているスクレイピングツールを利用することです。有名どころでは「Octoparse」や「キーウォーカーWEBクローラー」「ScrapeStorm」「Web Scraper」などがあります。

もう一つはツールを自作することです。この方法は時間と手間こそかかりますが、すでにプログラミングを習得しているスタッフがいれば、自社の目的に合わせて開発ができ、運用やメンテナンスにかかるコストは既製品を購入するよりも安くなります。また、プログラミング初心者でも、Pythonなどの言語でスクレイピングを行うことは可能です。

スクレイピングの活用場面


スクレイピングを活用すれば、これまで手作業で行っていたデータの収集や繰り返しの入力、コピーペーストなどの作業は、全てプログラムが終わらせてくれるため、業務効率は大きく改善できます。マーケティングなど、積極的な増益にも一役買うため、活用の幅は広いです。以下では、スクレイピングの活用場面をいくつか紹介します。

1.価格戦略の最適化

Webスクレイピングを活用し、オンラインショップなどのプラットフォームから特定の製品の価格を収集することで、新たに販売予定の製品価格を調整・最適化することができます。

2.市場評価と意思決定

新しい市場に参入するにあたり、情報を収集することで市場に参入するかの判断を下す材料にできます。企業の意思決定に当たっては社内外に関わらず多くの人を説得する必要があるため、客観的なデータの収集は大切です。

3.ソーシャルメディアの追跡とリスニング

ソーシャルメディアに掲載された記事追跡とその中で行われる会話等やりとりの分析を指す「ソーシャルリスニング」は、SNSでブランドに関連する言及や会話を追跡し、それらを分析して洞察や行動の機会を得ることです。既存顧客や見込顧客の反応を収集し、フィードバックを形成するための一助となります。

4.機械学習へのデータ提供

Webスクレイピングで大規模なデータを抽出することで、より高度かつ正確な機械学習を促進します。

5.Webサイトのエクスポート

Webスクレイパーを活用することで、従来よりも安全な環境に素早くデータを移行することができます。特に、官庁などが運営するような大規模なサイトほど、こうしたツールを用いて新しいプラットフォームに移行しています。

6.ニュースモニタリング

ニュースのモニタリングと分析は、現代の情報化社会において大きな影響力を持つ分野です。企業活動において、日々増え続ける大量の情報を取捨選択し、政治経済の動向を正確に把握することは欠かせません。

7.コンテンツのデータ分析

Webスクレイパーを活用してコンテンツのデータ収集・分析を行うことで、投稿記事や画像、動画やツイートなどに関する取り扱いやすいデータを出力できます。

これにより、リストの並べ替えやデータベースへの挿入、グラフへの変換が可能になります。データを生のまま処理するよりも、視覚的によりわかりやすい形で運用できます。

スクレイピングの主な流れ


ここまでで、スクレイピングの概要やそれがもたらすメリットについて紹介してきました。それでは、実際にスクレイピングを行う時はどのようなステップに則ればいいのでしょうか。ここでは、Webスクレイピングの流れを一つずつ解説していきます。

収集するデータを選定する

まず初めに行うことは、収集するデータ元となる対象の選定です。これは美味しい料理を作るときに、できるだけ優れた材料の仕入先を選ぶことと同じです。ここで選ぶデータの品質や妥当性は、実際に活用する段階になって結果を大きく左右するため、スクレイピングの目的を照らし合わせながら慎重に検討しましょう。

対象WebサイトのHTML構成を確認する

データ元とする対象が決まったら、ブラウザのデベロッパーツールを開きましょう(デベロッパーツールの開き方は使用するブラウザごとに異なります)。そして、WebサイトのHTML構成を確認します。そこでスクレイピングしたい情報が記載された場所を選択し、指定するためのタグを見つけます。

プログラムを書く

HTML構成から必要な部分を見つけたら、あとはコードを書いてそれを収集しましょう。実際に使用するコードの記載はこの記事ではしませんが、少数データのスクレイピングであればネット上でもコード例などの情報を見つけられるため、初心者でも簡単に実行できます。

article-banner-umwelt-middle

スクレイピングを実施する際の注意点


スクレイピングはこの情報化社会において事業効率の底上げに不可欠とも言える技術ですが、その便利さは常に事業者の味方ではありません。使い方を間違えれば、メリットを打ち消すどころかマイナスに働いてしまうことすらあります。なぜならスクレイピングの悪質な運用は、当事者間のトラブルだけではなく、法律に抵触する可能性もあるからです。

収集データは解析に限定する

収集データは解析に限定し、決して取得したデータをデータ解析以外に使わないようにしましょう。具体的には収集したデータをそのまま公開・販売したり、複製して頒布したりすると、著作権法違反になってしまいます。

対象サイトに負荷をかけないよう配慮する

スクレイピングは、対象となるデータが保管されているサーバーに一定に負荷をかける作業です。あまりに膨大なデータを処理しようとすると、偽計業務妨害罪に当たることがあります。スクレイピングする際は、「必要なデータを少量だけ」を心がけましょう。

スクレイピング禁止サイトでは行わない

スクレイピングした情報の管理や方法が法律違反でなくとも、対象サイトの利用規約がスクレイピングを禁止していた場合は注意が必要です。無断で行えば、民事訴訟に発展する可能性があります。この点も必ず確認しましょう。

データ収集の効率化にはツールが不可欠

スクレイピングはデータ収集の強い味方であり、その汎用性の高さはマーケティング、商品開発、企画、営業などの場面で欠かせない技術となっています。情報は常に増え続けていて、今やその解析を人力だけで行うのは非効率・非現実的になっています。

スクレイピングを使ったデータ運用に乗り出す際には、目的にあったツールの運用、または専門家に相談することをお勧めします。

TRYETINGのノーコードAIツール「UMWELT」を紹介

スクレイピング後のデータ分析には、TRYETINGのUMWELTがおすすめです。UMWELTなら導入コストを最小限に抑えた上で、データクレンジングやデータ結合・変換、ファイル取得など、多彩な分析内容を可視化することができます。既に大企業やスタートアップまで、幅広い導入実績があり、現場での活用の容易さをご好評いただいています。

まとめ

これからの時代、ビッグデータ活用の重要性はますます高まっていきます。スクレイピングはこれに欠かせない技術であり、データドリブンな企業経営をサポートします。スクレイピングとセットで、ノーコードAIツール「UMWELT」もぜひご検討ください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式アカウントです。
お知らせやIR情報などを発信します。