sidebar-banner-umwelt

TECHNOLOGY

データ解析ツールの種類・トレンドを解説

 

データ解析ツールの種類・トレンドを解説

企業が蓄積しているビッグデータを活用したい企業は昨今増え続けています。多くの企業でデータ解析ツールの導入が進んでいる中で、数多くあるツールの中からどれを選べばいいかお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。そこで当記事では、データ解析ツールの種類や、最新のトレンドについて解説します。

▼更にデータ分析について詳しく知るには?
データ分析とは?分析手法や実施するメリットとおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

データ解析にはツールを活用しよう


データ解析は、ビジネスにおける意思決定の成功確度を高めます。まずは、データ解析の定義や、データ解析が企業運営に欠かせない理由について見ていきましょう。

データ解析とは

データ解析とは、データを収集して分析した結果から、普遍的な構造や体系、法則に照らし合わせて調べることです。

データ解析は企業に欠かせない

データ分析から得られた事実に対して、さらに考察を加えることで理由や原因をさぐりあてるデータ解析は、有益なデータを得るために欠かせない手段です。特に昨今は、インターネットをはじめとするさまざまな情報量が増加しているため、正しい経営判断を行うためのデータ解析は欠かせない手法であるとされています。

データ解析はツールにお任せ

現在、データ解析を推進するツールが数多く存在しています。このような解析ツールは、専門的な知識やスキルがない場合でも、手軽にデータ解析を行うことができます。

article-banner-umwelt-middle

データ解析ツールの種類


データ解析ツールといっても、その種類や特性はツールによってさまざまです。今回は、そのなかでも幅広く利用されている5つのデータ解析ツールを紹介します。

BIツール

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールは、企業内のさまざまなデータを解析できるツールです。各システムと連携し、システム内に散在したデータをまとめて分析できるため、データの集計・分析時間の大幅な短縮に役立ちます。

スクレイピングツール

Webスクレイピングツールは、Web上の情報を効率的に収集してくれるツールです。自社で持っていないデータがWebサイトには多く存在します。そのようなデータを活用することで、既存サービスの発展や資料の充実はもちろん、新規サービスを立ち上げ、更なるビジネスチャンスを生み出すことができます。

データ処理ツール

データ処理ツールとは、データを適切に出力できるように手助けするツールです。 データ処理ツールにはビッグデータを統合するものや、統計解析向けのプログラミング言語を使用するものなどがあります。

データ可視化ツール

データの可視化とは、データから得られる情報を理解しやすくするためにサポートすることです。データ可視化ツールを活用することで、ダッシュボードの作成やレポートの作成に費やしていた工数を削減できます。

データマップ類ツール

データマップ類ツールは、地理的なデータを可視化したいときに利用されるツールです。

データ解析ツールのトレンド

テクノロジーの進化や、市場の需要の変化により、データ解析ツールのトレンドも年々変化しつつあります。ここでは、最新のデータ解析ツールのトレンドについて紹介します。

クラウド

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、インターネットなどのネットワーク経由でユーザーにサービスを提供する形態のことです。ユーザーがインフラやソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方を意味します。

AI

AI(人工知能)とは、「Artificial Intelligence」の略称で、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。経験から学び、新たな入力に順応することで、人間が行うように柔軟なタスクを実行します。しかし、実際には、AIに対して一意に決まった定義がなされているわけではなく、その定義は研究機関や企業によってさまざまです。いずれにしても、一般的には「人間のような知能を持ったコンピューター」として広く知られていることを理解しておくと良いでしょう。

機械学習

機械学習とは、「ML(Machine Learning)」と呼ばれる、AIを支える技術のひとつです。データから、機械(コンピューター)が自動で学習し、データの背景にあるルールやパターンを発見することで、正確なデータ解析を実行します。また、機械学習のアルゴリズムは、学習に利用可能なサンプル数が増加するにつれて、適応的にその性能を改善します。

DX

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、進化したIT技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革させることです。

DXに関する厳密な定義はありませんが、経済産業省の「DX推進ガイドライン」においては、企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立することであると解釈しています。このようにDXは、単にデジタルを活用して効率をあげることだけが目的ではありません。デジタルにより産業構造さえも変えていくことが、本来のDXであると考えられているのです。

ビッグデータ

ビッグデータとは、従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しい巨大なデータ群を指します。明確な定義が定められているわけではなく、企業向け情報システムメーカーのマーケティング用語として多用されています。

データ解析ツールならTRYETINGのUMWELTがおすすめ!

AIによる高度なデータ解析を、手軽に導入したいと考えている企業担当者様におすすめしたいのが、TRYETINGが展開するノーコードAIクラウド「UMWELT」です。

UMWELTには、業務効率化・自動化・データ分析に役立つAIアルゴリズムが多数搭載されています。これらをレゴブロックのように組み合わせることで、誰でも簡単にAIシステムを構築することが可能です。また、クラウド型のサービスであるため、AI導入に必要な特別な環境を用意することなく、低価格でAIを活用できる点もUMWELTの魅力です。

まとめ

データ解析は今や非常に旬なテクノロジーといえ、それぞれ特長を持ったツールやソリューションが多く提供されています。しかしながら、ツールを導入すればすぐにデータ解析が可能になるわけではなく、ツールによっては実用までに多大な時間やコストが発生します。

今回ご紹介したUMWELTのようなノーコードAIツールは、プログラミングや環境構築に関する専門的知見がなくても、誰でも手軽にデータ解析を実行できます。データ分析ツールをお探しの企業様は、ぜひUMWELTのご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

参照文献

「DX推進ガイドライン」|経済産業省(2018)
https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。