MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

業務効率化にシステム開発が重要な理由とは?デメリットもあわせて解説!

業務効率化のためには、業務をシステム化することが重要です。本記事では、業務をシステム化することによるメリットやポイントについて紹介します。今後、既存業務にAIを導入し、社内のDX化を推進したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

article-banner-umwelt

社会全体で進んでいるDX化とは?


そもそもDXとは、どのような意味を持ち、具体的に何をすることを指すのでしょうか。まずはその定義と目的を確認してみましょう。

DXはデジタルトランスフォーメーションのこと

DXとは、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略称で、進化したデジタル技術を浸透させることで、産業構造や社会基盤まで広く影響をもたらすとされている概念です。2004年にスウェーデンのE=ストルターマン氏が提唱しました。

DX化が進められている理由

DX化がこれほどまでに推進されている背景には、「2025年の崖」があります。2025年の崖とは、既存のITシステムの課題を各企業が克服できず、DXを推進できなかった場合、2025年以降に発生が懸念される巨大なリスクのことで、経済産業省が発表した『DXレポート』で用いられている用語です。

DXレポートによると、仮に日本企業がこのままDXを推進できなかった場合の経済的な損失を、最大で年間12兆円と算出しています。この問題は、2025年を境目に多くの企業の前に立ちはだかることが予想されており、「2025年の崖」を回避するためも、DXが強く求められています。

DX化とIT化との違い

DXとITの違いは、端的にいえば手段と目的の違いです。まず、DXは企業が目指すべき目的です。デジタル技術によって組織が抱える課題を解決し、より良い商品を提供したり顧客満足度を高めることや、働きやすい環境を整えることをゴールとしています。

一方、ITは、デジタル技術全般を指す言葉であり、DX化を進めるための手段に過ぎません。そのため、組織で積極的にIT技術を導入し、さまざまな部分でIT化を行うことで、DX化が達成できるようになるのです。

業務効率化のためにシステム開発が重要な理由とは?

業務をシステム化することにより、生産性の向上などのメリットが生じます。それぞれについて、詳しく解説します。

手動作業を減らして時間短縮できる

単調で同じ動作が繰り返される作業は、AIが最も得意とする作業です。そのため、データ入力や問い合わせ対応といった定型業務などは、AIを導入することで従業員が行う業務量が減少し、業務の効率化が果たされます。

人的なミスを防げる

これまで人間が手作業で行ってきたがゆえに発生していた作業をAIが代替することで、ヒューマンエラーを限りなくゼロにすることができます。これにより、確実に人的ミスを減らせるだけではなく、少ないコストでより多くのアウトプットを生み出せるようになるため、実質的な生産性の向上に繋がります。

一度に多くのデータを蓄積・分析が可能

業務をシステム化することにより、一度に多くのデータを蓄積・分析できるようになります。これにより、これまで以上に多くのデータを取り扱えるようになるため、データをさまざまな形で抽出し、仕事に役立てられます。

業務効率化のために社内でシステム開発するデメリット

社内の業務をAI化したいと考えた際、システムの開発を、自社で作るか、外注するかの問題に直面することが多くあります。しかし、優れた開発チームを社内で構築することは、現実的には非常に難易度が高いといえます。ここでは社内でシステム開発を行うデメリットを説明します。

専門的な知識を持った社員が必要

システム開発を自社で行う場合、システム開発を進められるスキルや知識をもつ人材の確保と育成が必要となります。しかし、AIに知見を持つAI人材は、業種を問わず争奪戦の状況となっており、優秀な人材を雇用することは容易なことではありません。

システムの仕組みを共有しきれない

社内で開発を進めた場合、ある程度は開発者本人の裁量で業務を遂行することになります。しかし、単独でシステムを構築した場合、他の担当者まで細かいシステムの共有がなされていないことも多く、開発者本人がシステムの内容を把握していても、引き継いだ後任者には内容がわからないケースが起こりやすくなります。

開発の工程に無駄が出る

システム開発においては、意味がない工程が存在することで、開発の効率が著しく低下します。特に社内開発においては、関係者間で認識の相違が起こりやすいことや、プログラムの改修が起きやすいことから、開発の工程に無駄が出る可能性が高く、導入までに時間を要してしまいがちです。

開発ツールとは?使うことで得られるメリット

社内開発よりも効率的に導入を進める方法として人気を集めているものが開発ツールです。ここからは開発ツールを使うことで得られるメリットについて紹介します。

開発ツールはシステム開発を手助けするツールのこと

開発ツールとは、ITシステムやソフトウェア開発を効率化するためのツールのことです。開発ツールには、多くの機能が自動化されているため、開発効率を大幅に向上させることができます。

専門的な知識がなくてもプログラムが組みやすい

プログラミングが予め内蔵されている開発ツールを用いることで、開発部門を持たない企業でも、自社で必要な機能を組み込んだシステムを簡単に作成することができます。専門的な知識や、システム開発に必要な特別な環境を用意することなく、手軽にAIを導入できることは、開発ツールならではのメリットだといえるでしょう。

時間短縮やコスト削減に繋がる

開発コストの中でも大きな割合を占めるシステム開発費は、開発期間とエンジニアの人件費によって変動します。

開発ツールを用いてシステムの開発を行う場合には、受託開発企業へ仕事を発注しなくて済むため、開発コストを削減することが可能です。また、ノーコードDXツールを利用すれば、高いスキルセットを持つエンジニアを採用せずに開発ができるようになるため、人件費の面でもコストを削減できます。

対象の業務に適したシステムが作れる

開発ツールには、特定の機能を実現するライブラリも含まれます。たとえば、Microsoft WordやExcelで作成されたオフィス文書からテキストを抽出するライブラリを使えば、自社で必要な文書管理システムに簡単に組み込めます。

業務効率化を実現するための開発ツールの選び方


開発ツールを利用すれば開発効率は向上しますが、注意点を正しく理解できていないまま闇雲にツールを決めてしまうと、期待通りの効果は得難くなってしまいます。そのため、開発ツールを選択する際には、下記の内容に注意しながら選ぶようにしてください。

課題解決のために役立つかどうか

まずチェックしておきたいことは、該当の開発ツールを導入することで自社が抱える課題を解決できるかどうかです。この際、実際に業務を行う担当者の要望は重要な意見となるため、現場への確認も怠ってはなりません。

操作が難しすぎないかどうか

初心者でも使いやすく直感的な操作ができるかどうかも開発ツールを選択する際に重要となる要素のひとつです。高度なプログラミング知識など、専門技能を必要としないツールであれば、教育コストを格段に圧縮することができます。

サポートの充実度も要チェック

開発中には不明点が発生したり、不具合が生じたりとトラブルが頻出することも珍しくありません。そのため、不測の事態にも慌てないようにサポート内容が充実しているツールの選択をおすすめします。

AIツールで業務効率化を進めるなら「UMWELT」がおすすめ!

社内で開発を行う場合、AI化を進める人材の確保やITシステムの導入など、工数や費用などの懸念点から、なかなかシステム開発に踏み込めない担当者の方も少なくないことでしょう。

そんな方におすすめしたいサービスが、TRYETINGが展開するノーコードAIクラウド「UMWELT」です。UMWELTには常時100種類以上ものAIアルゴリズムが搭載されており、需要予測や在庫管理、シフト自動化など、貴社のDX推進に役立つ機能が揃っています。導入時は専任のコンサルタントが徹底サポートいたしますので、安心してDXを進めることができます。

まとめ

これからの時代において、社内のDX化やそれに伴うシステム開発は、ビジネス上の課題を解決する上でますます重要となります。ぜひ本記事を参考に、業務の効率化について今一度熟考し、開発ツールを用いたシステム開発の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参照文献

DXレポート|経済産業省
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/pdf/20180907_03.pdf

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。