MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理表の種類や作成ツールとは?重要性や改善策も解説

生産工程において多くの人が関わることから「仕事の進捗が把握できない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そのような方には「生産管理表」の活用をおすすめします。生産管理表は、生産作業の計画表やスケジュール表の役割を果たし、作業の見える化が可能になるツールです。

この記事では、生産管理表の重要性やその種類、作成に役立つツール、生産管理システムの概要とメリットについてご紹介します。この記事を最後まで読めば、生産管理表に関する知識やシステムの導入方法などの情報を得られるでしょう。
▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

モノづくりにおいて、生産管理表は重要な役割を担っています。生産管理表のないモノづくりは、設計図なしに建物を建設するように計画性のないものになりかねません。

生産管理表を作成すれば、作業を進めていく際の手順やスケジュールが明確になります。そのスケジュールを共有することで、全従業員が作業プロセス全体を把握できるようになるのです。

スケジュールが最適化されれば、スケジュールが遅れたときも対応できるでしょう。ここでは、生産管理表の重要性を示すために、生産管理表がもたらすベネフィットを3つご紹介します。

業務効率化に貢献する

生産管理は「需要予測」「生産計画」「生産実施」「生産統制」の、4つのフェーズに分けられます。「いつまでに」「どの商品を」「どのくらい」生産すべきか決まり次第、それらを遂行するための計画を立てる生産管理表を作成します。

生産管理表を作成することで、手順や人員配置の適正化や数値管理が実現可能です。その結果として、業務効率化を図ることができ、納品までのリードタイムが短縮されます。業務効率の向上によって、より多くの利益を生み出せるため、生産性の向上にもつながるでしょう。

品質向上に役立つ

作業手順や人員が最適化されると技術のバラつきを平準化できるため、品質の担保が可能になります。また、業務効率化によって残業時間が削減され、従業員はエンゲージメントやモチベーションが高い状態で作業を遂行できるでしょう。結果的に、疲労によるミスを防ぐことにもつながります。

このように、品質が担保されれば、顧客が安心して商品を購入できるようになり、顧客満足度と企業の信頼性の向上が期待できます。品質を一定化するためにも、業務効率化を図れる生産管理表は有効な手段と言えるでしょう。

スケジュールを最適化できる

生産管理表は、モノづくり全体のプロセスを社内全体や部署全体で共有できます。納期までの手順や、やるべきことを共有することで、スケジュールを最適化し、遅延や欠品を防止しやすくなるでしょう。

納期に間に合わない可能性があれば優先度の高い作業を行い、予定数より在庫が少なくなっていれば追加発注を行うというように臨機応変な対応も可能です。このように、作業の進捗をひと目で確認できるようにすることは、作業を最後までスムーズに進めるためのポイントの一つです。

主な生産管理表の種類


生産管理表にはいくつか種類があるため、それぞれの特徴を把握し、自社に合うものを採用することが大切です。また、従業員の視点に立ち、すべての人にとって見やすいものを選ぶことも必要でしょう。

場合によっては生産ラインや部署によって異なる生産管理表を使用する場合もあります。生産管理表の導入によって、作業が滞らないように適切な選択を行いましょう。

ガントチャート

ガントチャートはプロジェクト管理や生産管理などの様々な管理工程に活用できる表です。「スケジュール表」「管理表」と呼ばれる場合もあります。縦軸に作業内容、横軸に期間を設定し、複数の作業の進捗状況の全体像を把握できます。全体の計画を「見える化」し、ひと目で全体像を掴める点が特徴です。

ガントチャートに使用する項目の例として、「管理項目名」「開始日・完了日」「作業内容」「担当者」「中間目標」などが挙げられます。

バーチャート

バーチャートは、多くの工程管理やプロジェクト管理で使用されている比較的ポピュラーな形式です。横軸に日時、縦軸に作業項目を記入する点はガントチャートと共通していますが、バーチャートは主にスケジュール管理に使用されます。

ガントチャートと同じく、誰でもシンプルな構造で誰もが直観的に作成でき、スケジュールの全体像が把握しやすい点が特徴です。一方、他の工程との関係性が分かりづらいという点がデメリットと言えるでしょう。

グラフ式

グラフ式工程表は、ガントチャートとバーチャートの特徴を併せ持ったものです。横軸に日時、縦軸に進捗度を記入し、各工程の進捗度合いを記入します。作業予定と進捗度の両方を把握できることが特徴です。

しかし、ガントチャートなどの形式と比較するとやや複雑な構造のため、人によっては分かりづらく感じるかもしれません。また、バーチャートと同様、他の工程との関係性が把握しづらいこともデメリットと言えます。

ネットワーク式

ネットワーク式工程表は、丸印と矢印を使用して工程期間を表す表です。クリティカルパスと呼ばれる重要な工程を重点的に管理して工期短縮やコスト削減もできる機能性の高い形式と言えます。

主に大規模なプロジェクトに使用され、作業項目と必要日数を明確にすることで工程の全体像を把握できます。この仕組みから、各工程の関係性を確認しながら作業でき、工程ごとの所要日数を簡単に見積もることが可能になります。

しかし、作成には専門用語やルールなどの知識が必要となり、進捗状況の把握には不向きというデメリットも存在します。

生産管理表を作成するツールを紹介

生産管理表を作成する際、どのようなツールを活用すれば良いのでしょうか。コストがかからないことはもちろん、使いやすさや自社に合うものなど、さまざまな条件があるでしょう。ここでは、生産管理表の作成に使われるツールを3つご紹介します。それぞれの特徴や機能を比較して、自社に合うものを選ぶようにしましょう。実際にいくつか試してみることをおすすめします。

Excel

コストがかからず簡単に導入できるExcelは、生産管理表の作成の際に使用されることが多いツールです。使い慣れたソフトであることに加え、豊富な数式や関数を備えているため、生産管理表の作成に適しています。さらに、生産管理表向けのテンプレートを無料で提供しているサイトも多数存在します。

マクロ機能によって自動化も可能ですが、スケジュールやタスク、進捗などの管理は個別のシートやファイルを作成する必要があるでしょう。複数人と共有する際は、権限の設定が必要です。また、入力ミスや数式に誤りがあった場合など、人的ミスのリスクがある点は念頭に置いておかなければなりません。

Google スプレッドシート

クラウド上で管理できるGoogle スプレッドシートを活用した生産管理表の作成も可能です。Excelと同様の機能を有しながら、1つのファイルを共有できるというメリットがあります。

Googleアカウントを持っている人であればすぐに始められ、インターネット環境があれば複数のデバイスでリアルタイムに閲覧・編集ができます。更新日時も即座に確認できる点も特長です。ただし、Excelと同様に人的ミスのリスクがあるため、権限を設けるなど対策を講じておく必要があります。

生産管理ツールは、スケジュールからタスク、進捗、予実、会社全体の収支までを一元管理できるツールです。一人当たり数百円という低コストで導入ができるものもあります。
クラウド上で利用できるツールであれば、企業側はバックアップ不要で導入コストもかけずに済むでしょう。

このツールを活用すれば業務の効率化を図れます。生産管理ツールには生産管理を総合的に行うAIツールなど豊富な種類があるため、自社の課題や使用目的にあったツールを選ぶことがポイントです。

生産管理表でお悩みなら生産管理システムの導入がおすすめ

「どのツールを使用すれば良いか分からない」とお悩みの場合は、生産管理システムの導入がおすすめです。生産管理システムを導入すれば、材料調達の最適化や生産負荷の平準化、不良品発生原因の特定、正確な在庫・原価管理、生産情報の共有・一元管理が実現するためです。システムによってすべての機能を備えていないものがあるにせよ、生産管理表の作成・管理の効率化には大きく貢献するでしょう。

生産管理システムは、納期遅れの多発や生産負荷の偏りなど、企業における課題を解決する機能が数多く備わっています。そのため、生産活動全体の改革につなげられるでしょう。
さらに、蓄積したデータをもとに工程や人的配置などを見直せば、より効率的に多くの利益を生み出せます。

生産管理システムを導入するメリット


生産管理システムを導入することで、生産情報の共有・一元管理ができたり、業務効率化が図れたりするなどさまざまなメリットが得られます。自社に合うシステムを導入することで、より多くのメリットを効果的に得られるでしょう。

ここでは、生産管理システムを導入するメリットのなかでも特に実感しやすいものを3つご紹介します。

進捗・ノウハウを可視化できる

業務を通して得られた情報やノウハウは、今後の業務に生かせる貴重なデータです。情報やノウハウをシステムによって共有・可視化することで、他のメンバーや新人などがそれらの有益な知識を取り入れて作業できるようになるでしょう。その結果、業務の効率化を図れるだけでなく、属人化も防げます。

また、作業でアクシデントが発生した際も、システム上でノウハウを確認できれば自己解決しやすくなります。ノウハウだけでなく進捗も可視化できるため、納期に向けた作業スピードを柔軟に調整できる点もメリットと言えるでしょう。

システム導入によって、納品までのスケジュールや進捗、その他業務に関わる情報を一元管理できます。「進捗管理表とスケジュール管理表が異なる」など情報の更新遅れを解消できるでしょう。

また、従業員が持っているデバイスにも対応させれば、スムーズな情報共有も実現可能です。さらに、変更点が生じた場合でもリアルタイムでの変更・連絡・確認が容易になります。

余剰在庫の削減と欠品防止

在庫管理システムを搭載したシステムを使えば、在庫のコントロールを行うことが可能です。在庫状況によって仕入れや人員配置などのリソース管理ができるだけでなく、スケジュールや発注などの調整によって遅延や欠品、余剰在庫の改善もできるでしょう。

システムによって機能や仕様が異なるため、自社の使用用途や使いやすさなどを考慮してシステムを選ぶことが重要です。

生産管理システムの導入はTRYETINGへお任せください!


「たくさんのシステムがあってどれが良いか分からない」「自社の状況に合わせてカスタマイズしたい」という方は、TRYETINGへお任せください。価格を抑えながら多彩な機能を備え、専門知識がなくても簡単に導入できます。最後に、TRYETINGが提供するクラウド型AIプラットフォーム「UMWELT」についてご紹介します。

専門知識なしでスムーズに導入できる「UMWELT」を提供

TRYETINGが提供する「UMWELT(ウムベルト)」は、ドラッグ&ドロップでアルゴリズムを選択して組み合わせるだけでAI構築が可能なノーコードAIクラウドです。
導入・運用のあらゆる段階において専門知識もデータサイエンティストの採用も必要ありません。

社内にAIを扱えるエンジニアがいなくても、シンプルな操作画面でどなたでもAIを用いた分析ができます。また、弊社のコンサルタントが丁寧に導入をサポートするため、導入に不安がある方も安心してお使いいただけます。

幅広い機能により多くの業種に対応

「UMWELT」は常時100種類ほどのアルゴリズムを搭載することで、幅広い業種に対応できるシステムとなっています。様々な業務で必要なアルゴリズムを網羅しているため、データごとにアルゴリズムを構築して課題を解決します。特定の部署だけでなく、全社的にDX化を推進できるでしょう。

主な導入事例として、自動車部品メーカーやバス会社、不動産会社などが挙げられます。いずれも、開発における方向性の絞り込みや機会損失の削減、最適な人材配置の自動化などに活用されています。

業界最低水準の価格

既にセットアップされているアルゴリズムを活用するため、業界最低水準のコンパクトな価格を実現しました。例えば、自社システムと連携させるBASICプランでは、導入費用50万円、月額60万円で利用開始できます。年間契約をご希望であれば、25%OFFの月額45万円となります。

用途に応じた柔軟なプランをご用意しているため「AIを活用して更にデータを活用したい」「セキュリティ対策を万全にしたい」などのご要望にお応えします。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ


ここまで、製造工程やプロジェクトの進行における生産管理表の重要性をお伝えしました。計画表やスケジュール表の役割を果たす生産管理表を作成することで、業務効率化や品質向上などあらゆるメリットを得られます。

コストをかけずに活用するのであれば、ExcelやGoogle スプレッドシートがおすすめです。しかし、より高度な分析や最適化を求めるのであれば、生産管理システムの導入が適しています。生産管理システムをご検討のご担当者様は、ぜひTRYETINGにお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。