MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

工場の生産管理とはどんな仕事?成功させる5つのポイントと役立つ資格を紹介!

生産管理は製品の製造において、重要なポジションを担う仕事です。需要予測や工場の生産方式に合わせた生産計画を立て、スムーズに製造が進むよう管理していきます。しかし、具体的な仕事内容について知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、生産管理がどんな仕事なのか解説します。生産管理を成功させるポイントや資格も併せてご覧ください。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説
▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

生産管理とは


生産管理とは、製造業において工場全体の生産活動を管理する仕事です。需要予測に基づき生産計画を立て、決められた納期までに製品を製造して納品します。原価を抑えて品質の高い製品をスムーズに納品することも重要です。

不良品を多く出してしまえば企業にとって大きな損失となり、納期遅れも信用性を失ってしまいます。スムーズに納品できるように、適正に人員管理したりスケジュール管理や品質管理を行ったりすることが生産管理の役割です。

工場の主要な生産方式は4種類


製品の製造業務には、主に4種類の生産方式があります。「少人数でひとつの製品を作るセル生産方式」「ベルトコンベアで製品を流して製造するライン生産方式」「決められた数量単位で生産するロット生産方式」「受注してから製造を始める個別生産方式」の4つです。ここではその4種類の生産方式について、詳しく解説します。

セル生産方式

少人数でチームを組み、チーム内でひとつの製品を作る生産方式が「セル生産方式」です。多品種少量生産向きの生産方式で、作業員一人ひとりの業務量も多いのが特徴です。セル生産方式のメリットは、1人当たりの生産性が向上し、品質の高い製品を作れる点にあります。

また製造工程において、生産数の増減や計画変更といった臨機応変な対応ができるのもメリットです。しかし、セル生産方式は大量生産に向かないため、現在ではセル生産方式を取り入れている工場は減少しています。

ライン生産方式

作業員の配置を一連化し、ベルトコンベアで製品を移動させながら流れ作業で製造する方法が「ライン生産方式」です。ライン作業とも呼ばれるライン生産方式はセル生産方式とは違い、製品の大量生産に向いています。

ライン生産方式のメリットは作業員1人当たりの業務量が少ないため、スキル教育の必要がない点です。また、ラインは一定の速度で稼働し続けるため、生産量や業務進捗が把握しやすいメリットもあります。

ロット生産方式

製造する数量をあらかじめ定めておき、数量単位(ロット単位)で生産する方式が「ロット生産方式」です。一定数をまとめて生産することで、作業の効率化や在庫量が分かりやすくなるメリットもあります。

しかし、ロットサイズが大きくなると過剰在庫になってしまう恐れがあります。ロット生産方式は多くの製造業で使われている生産方式で、主に食品・家電・電子機器などの製造工場で採用されています。

個別生産方式

注文を受けてから生産を始める方式が「個別生産方式」です。生産形態には受注生産と見込み生産の2つがあります。個別生産方式は、顧客の要望に沿った製品をオーダーメイドで生産する生産方式です。

そのため大量生産には向かず生産コストもかかるため、製品価格が高い傾向にあります。また職人の手作業で行う部分も多くなるため、高い技術力が求められます。

工場の生産管理ってどんな仕事?


製造業における生産管理には「需要予測」「生産計画の立案」「製造管理」「品質管理」の主に4つの業務があります。流れとしては、まず供給量を決めるために需要予測を立てます。正確な需要予測を立てないと、過剰在庫になったり商機を逃してしまったりするため、需要予測は大切な工程です。

需要予測ができたら生産計画を立案し、製造を開始します。製造が開始したら業務の進捗や不良品が出ていないか確認します。

需要予測

生産計画を立てるために、まずは製造する製品の需要予測をします。需要予測とは「どの製品が」「どのくらい売れるのか」といったように製品の需要を予測することです。需要予測は過去の実績やカレンダー要因、市場動向などから分析して需要予測を行います。需要予測が適切でないと、過剰在庫や商機を逃してしまう原因になります。

過剰在庫になってしまうと原価と売価がロスになり、企業にとって大きな損失です。企業の利益を上げるためにも、正確な需要予測が求められます。

生産計画の立案

需要予測をして供給量の把握ができたら生産計画を立てます。原材料の調達や適切な人員配置、納品までのスケジュールを決めるのが生産計画です。正しい生産計画を立てなければスムーズに製造が進みません。

生産計画の種類には「引っ張り方式(PULL型)」と「押し出し方式(PUSH型)」の2種類あります。引っ張り方式は、下流側が上流側に供給を指示して生産計画を立てる方式です。押し出し方式とは、生産計画に基づき作業計画を立てる方式です。

製造管理

製造管理は、生産計画どおりに製造が進められるように管理する業務です。製品の製造工程には、組立・加工・研磨といったさまざまな業務があります。それら作業がスムーズに進んでいるか管理します。

製品の製造が計画どおりに進んでいない場合は「どの工程で遅れが生じているのか」「どのようにしたら改善するのか」といった原因の追求と改善策を模索する必要があります。日々の業務において、どのようにしたら効率化できるのか考えることが大切です。

品質管理と改善

利益を出すためには、製品の品質管理も重要です。製造工程においては、機械の不具合やミスにより製品として出荷できない「不良品」ができてしまうケースがあります。

不良品は納品できないため、原価と売価のロスになります。生産管理において、どのようにしたら不良品が出ないか原因を特定することが大切です。そして不良率を下げるための対策を講じる必要もあります。

工場の生産管理に有用な資格


生産管理業務でスキルアップしたい方は、資格を取得するのがおすすめです。生産管理に生かせる資格には「生産管理オペレーション」「生産管理プランニング」「中小企業診断士」があります。ここでは、その3つの資格がどのように生産管理に生かせるのか解説します。

生産管理オペレーション

設備管理や資材の購入、製品の開発や設計といった生産活動全般に関わる知識が身につけられる資格です。生産管理オペレーションは中央職業能力開発協会(JAVADA)が主催する民間資格で、3級と2級があります。

3級は生産管理業務において知っておくべき基礎知識が幅広く求められ、2級はより専門的な知識が必要です。資格を取得することで、製造業務全体の流れを把握しやすくなり、生産力向上に生かせます。

生産管理プランニング

製品企画・設計管理・生産システムといった、生産管理のコアとなる分野を学べる資格です。生産管理プランニングは中央職業能力開発協会(JAVADA)が主催する民間資格で、3級と2級があります。

3級は生産管理において幅広い知識が求められ、対象となるのは若手やリーダークラスです。2級はより専門的な知識が求められ、チームの中心として業務の提案や改善、自ら創意工夫できるレベルが想定されています。

中小企業診断士

中小企業の経営診断および成長戦略のアドバイスを行う資格が、中小企業診断士です。中小企業診断士は経営課題や経営戦略について専門的に学べるため、ビジネスパーソンに人気があります。

主催しているのは「一般社団法人 中小企業診断協会」で、経済産業省が認可する国家資格です。資格を取得することで、企業の利益を考慮した生産計画が立てられます。また生産管理業務に限らず経営理論や企業法務も学べるため、キャリアアップにもおすすめです。

工場の生産管理を成功させる5つのポイント


生産管理業務は、ポイントを押さえることでスムーズな生産活動が可能です。成功のポイントは、生産方式に合わせた管理を行うことや不測の事態に備えることなどがあります。

また生産方式の特徴やリスクを考慮し、余裕のある生産計画の立案も大切です。ここでは、生産管理を成功させる5つのポイントについて紹介します。

1.生産方式に合わせた管理を行う

生産管理を成功させるためには生産方式に合わせた管理が大切です。製品の種類や工場によって「ライン生産方式なのか」「ロット生産方式なのか」など、生産方式は異なります。生産方式に合わせた生産計画の立案が大切です。

ロット生産方式では、製品を多く製造すれば過剰在庫になってしまう恐れがあるため、適正な数量を製造する必要があります。ライン生産方式であればラインを止めないような工夫が大切です。

2.トレーサビリティを確立する

製品の品質向上において、トレーサビリティを確立することが大切です。トレーサビリティとは「いつ」「どこで」「だれが作ったのか」を明らかにすることです。原材料の調達から生産・消費に至るまで追跡可能にします。

トレーサビリティを確立することで、不良品を出してしまった際に「どこで不良品が出たのか」「誰が不良品を出したのか」といった原因の特定が可能です。トレーサビリティは安全性を確保するためにも重要視されており、食品業界や医療業界でも浸透しています。

3.部署間で円滑に連携できる環境を構築する

生産活動をスムーズに進めるためには、部署間での連携が大切です。製造業では、部署間でのコミュニケーションがうまくいっていない企業も多くあります。生産管理は設計部門や営業部門と連携する機会もあるため、他部署としっかり連携が取れる環境の構築をすることが大切です。

スムーズに連携が取れることで、厳しい納期や価格交渉にも対応できるようになります。日頃から部署間でのコミュニケーションを取るようにしておくとよいでしょう。

4.不測の事態に備える

生産計画を立てる際には、不測の事態にも対応できるようにしておくことが大切です。生産活動において、計画どおりに進まないこともあります。たとえば「従業員が風邪で休んでしまった」「原材料の調達が間に合わない」「注文の変更」などです。

このようなイレギュラーな事態が起きても対応できるように、余裕を持って計画・管理する必要があります。生産計画どおりに進んでいるか、製造現場の進捗状況を逐一確認することも大切です。

5.ヒューマンエラーを排除するシステムを構築する

材料の仕入れ発注やデータ入力など、手動で入力する場合は誤発注や打ち間違えに気をつけなくてはいけません。たとえば材料発注の数字を一桁間違えるだけでも、大きな損失を出してしまう可能性があります。

ヒューマンエラーをなくすためには、ミスがないか何度も確認したり、第二者に確認してもらったりと時間がかかります。このようなヒューマンエラーをなくすためには、AI化が有効的です。AIに任せて自動で処理すれば、データの打ち間違えや発注ミスがなくなります。

工場の生産管理をさらに最適化する方法


生産管理を最適化する方法として、生産管理システムの導入がおすすめです。生産管理システムを導入することで業務の一部をシステム化でき、担当者の負担を軽減できます。またAIによる自動化で、手動入力で起こるヒューマンエラーもなくすことが可能です。ここでは、生産管理システムの導入について解説します。

生産管理システムの導入

生産管理システムを導入することで、ヒューマンエラーをなくしたり、業務効率を上げたりすることが可能です。生産管理では多くのデータを扱います。特に生産計画を立てる際の需要予測においては過去の実績や見込みなど、多くのデータを分析して立てる必要があります。

そういったデータを一元的に管理する際に、生産管理システムは有効的です。また生産管理システムはデータの管理だけでなく、需要予測や在庫管理など、生産管理業務の多くをカバーできます。

クラウド型なら手軽に導入可能

生産管理システムは、クラウド型であれば手軽に導入可能です。生産管理システムは主に「クラウド型」または「オンプレミス型」で提供されています。オンプレミス型では、自社でシステム構築に必要なサーバーやハードウェアを調達する必要があります。しかし、クラウド型であればサーバー機器を購入する必要がありません。

AIツールの導入は費用がかかるイメージがありますが、クラウド型であれば初期費用を抑えて手軽に導入できます。

クラウド型の生産管理システムならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

生産管理の業務効率化やミスをなくすためには、クラウド型の生産管理システム「UMWELT」がおすすめです。UMWELTを取り入れるメリットは以下のとおりです。

・クラウド型で導入がスムーズ
・業界最低水準の低コストで運用できる
・AIの専門的な知識が不要

UMWELTを活用することで、在庫量を最適化することや原材料の自動発注、正確な需要予測が立てられます。生産計画を立てる際には、正確な需要予測が大切です。UMWELTの機械学習手法で膨大なデータを自動で分析し、根拠のある需要予測が可能になります。

またUMWELTはノーコードAIであるため、データサイエンティストやエンジニアなど、AI人材の手を借りることなく導入可能です。導入時にはAIの基礎知識とUMWELTの使用方法についての勉強会も実施しているため、安心して導入できます。

まとめ


工場の生産管理は、生産活動全体を管理する重要な仕事です。需要予測をして生産計画を立て、スムーズに生産が進むために現場の管理をする必要があります。不良品を出さないために、品質管理にも気を配らないといけません。

生産管理は業務の幅が広く、ヒューマンエラーも起こりやすい仕事です。しかし、AIツールを導入することで正確な需要予測が立てられたり、在庫量を最適化できたりします。

「AIツールは高い」「AIの専門的な知識がない」といった場合は、TRYETINGのUMWELTをご活用ください。低コスト短期間で導入でき、生産管理業務に大きく貢献します。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。