MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理システムとERPの違いとは?それぞれの特徴や導入するメリット

製造業務を管理するうえで、生産管理システムとERPの違いを理解しておくことは重要です。しかし、両者の使い方や特徴を理解している方は少ない傾向にあります。

この記事では、生産管理システムとERPの違いを解説します。両者の違いを具体的に理解して業務効率化を図りましょう。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

生産管理システムの概要


製造の現場では在庫やリソース配分、納期などさまざまな工程の管理が欠かせません。そこで活用したいのが、生産管理システムです。導入・運用することで、生産管理の効率化につながります。

生産管理システムとは

製造業における計画や販売、品質などを統合的に管理するツールが生産管理システムです。「モノの流れ」と「情報の流れ」の管理に適しており、業務フローを最適化できるといった特徴があります。

具体的には、表計算ソフトを使った集計や生産指示書の作成など、複雑な作業の自動化が可能です。システム側で処理を行うため、作成ミスのリスクも抑えられます。

生産管理の目的

生産管理の目的のひとつに、QCD(品質・コスト・納期)の最適化があります。QCDは顧客満足度に直結する要素であり、製造現場においては欠かせない存在です。

実際にクライアント先へ納品するシーンをイメージしてみましょう。高品質・短納期が実現できていても、多大なコストを投じていては事業の継続が難しくなります。あるいは低コストで素早く製造・納品できても、品質が担保されなければ信用を失いかねません。QCDそれぞれのバランスを保つために、生産管理を心がける必要があります。

生産管理システムの機能

受注管理や生産計画といった、製造工程に必要な管理業務を担うのが生産管理システムです。具体的には次のような機能があります。

生産管理システムの各機能をうまく利用すれば、手作業による膨大な量のデータ処理を省けます。いずれの工程においても、管理コストの削減に直結するのがポイントです。

ERPの概要


企業によっては在庫や受発注、会計などをまとめて管理したいと検討するケースもあります。ERPシステムを導入すれば、企業の中心となる諸業務を統合的に管理可能です。ここでは、ERPの概要や目的について解説します。

ERPとは

ERPとは「Enterprise Resource Planning(企業資源計画)」の略称で、企業が持つ在庫や会計といったリソースを最適化するための仕組みのことです。「統合基幹業務システム」や「基幹システム」と言い換えられることもあります。

特に企業の情報戦略を立てるうえでは欠かせない存在です。製品をより多くの方に届けるため、マーケティング戦略の判断基準としてERPを利用している企業もあります。

ERPの目的

ERPはエンドユーザーに高品質な製品を届け、継続的な収益の増加を目的としています。会計や物流などの基幹業務を効率的に管理することで、生産性の向上が見込まれるためです。

またERPは、余分なコストの削減にも貢献します。システムによる自動管理で、ヒューマンエラーや想定外のトラブル処理にかかる時間削減も可能です。

ERPの機能

財務会計や経費精算など、企業を支えるための機能を提供するのがERPの機能です。具体的には、次のような機能があります。


ERPは製造業務に関するさまざまな機能をパッケージにして提供します。自社の生産管理業務を一元管理したり、リアルタイムで把握したりしたい場合にも役立つのが特徴です。

生産管理システムとERPの違いは?

生産管理システムとERPは、それぞれ利用目的が異なります。ERPが「業務全体」の効率化を考える一方、生産管理システムは「生産業務」の効率化を考えるためです。ERPでは生産や会計といった基幹業務を網羅しており、生産管理システムでは統合的な生産管理に特化しています。

ただしERPは、生産管理機能の充実度が一定でないことがあります。たとえばクラウド型ERPの場合、価格を抑えている一方で必要な機能が不足する場合があるため、運営に支障が出ないかどうかを検討する必要があります。

生産管理システムやERPを導入するメリット


製造業における管理業務を効率化するためには、生産管理システムやERPといったシステムの利用が不可欠です。コスト削減や情報共有など、さまざまな点でメリットがあります。ここでは、生産管理システムやERPを導入するメリットを見ていきましょう。

コストを削減できる

単純作業を機械で自動化できる分、コストの削減につながります。製造スタッフが機械では代替できない業務に集中することで、生産性の向上も実現可能です。

コストカットの対象例としては、在庫管理や会計管理などが挙げられます。決まった数値の入力や集計など、規則的な業務の効率化につながるのが特徴です。低コストによる管理の運用を目指している場合に適しています。

工程の見える化を促進できる

導入メリットのひとつは、各工程の状況が把握しやすくなることです。生産管理システムやERPを利用すれば工程の見える化が進むため、従業員がどのような状況で稼働しているのかを即時確認できます。

実際に工程ごとの進捗が整理しやすく、スケジュールの柔軟な調整が可能です。特に規模が小さく変更の多い製品では、迅速かつ正確な対応が欠かせません。工程を見える化することで、スムーズな運用が可能になります。

ノウハウの共有が可能

製造ノウハウを共有できるのもメリットのひとつです。生産管理システムやERPを利用すれば、従業員のスキルに頼っていた作業を自動化できます。人材に頼らない生産が可能になるといった点でメリットが大きいでしょう。

また、属人化を防いで効率的な業務を実現できるのもポイントです。特定の人材のみがノウハウを有している場合、生産性が頭打ちになる傾向にあります。現場のスタッフそれぞれが知識を共有することで、業務がスムーズに進められます。

生産管理に利用できるERPの選び方


ERPを選ぶ際は、自社で基準を設けるのがポイントです。業務範囲や専門分野に対応しているかどうかを、事前にチェックしておく必要があります。

ここでは生産管理に利用できるERPの選び方を解説します。どのような基準でERPを選ぶべきかを押さえておきましょう。

自社の業務範囲に対応しているか

大半の製品では標準的な機能を搭載している一方、提供する機能が若干異なることも少なくありません。そのため自社の要件とERP製品の機能を比較する作業が不可欠です。

具体的には「Fit&Gap分析」を利用します。これは、導入するシステムが業務内容とマッチしているかどうかを分析する手法です。自社に最適なERPを選ぶ際に活用しておきたい手法と言えます。

自社のジャンルに適した機能があるか

ERPパッケージの生産管理機能は、業界別の課題に特化した機能を備えているものもあります。たとえば、情報サービス業向けや精密機器業界向けなど、さまざまなジャンルのパッケージがあるため、自社に合ったERPを利用することが大切です。

生産以外の業務分野にも対応しているか

在庫管理や財務会計などの機能があれば、より幅広い業務へ対応可能になります。ERPは多様な業務分野にわたって利用されるため、業務ごとに個別で導入するシステムではありません。

そのため、各部署による導入前の意見交換を行い、それぞれの機能をチェックしたうえで総合的に判断する必要があります。

ERPに内蔵された生産管理機能だけで十分なのか


ERPには生産管理を行う際に必要とする標準的な機能が備わっています。しかし、内蔵されている機能だけで十分効果を発揮するのか不安だと感じる方もいるでしょう。導入前に確認すべき「ERPの導入形態」についても解説します。

基本的にはERP内の機能で不足はない

ERPには会計管理や人事管理など、基幹業務の基本的な機能が備わっています。そのため、ERPの機能で業務に対応できないといった事態は免れるでしょう。

一方、ERPはパッケージとして導入されるシステムなため、状況によっては不十分であるケースも考えられます。特殊な生産管理業務を行っている場合は、自社の業務がERPの対応範囲に該当しているかチェックすることが重要です。

おすすめはクラウド型

ERPの導入形態には「オンプレミス型」「クラウド型」の2種類があります。オンプレミス型が自社内でサーバーやネットワークを構築するのに対して、クラウド型はサーバーレスで簡単に導入できるのが特徴です。

クラウド型ERPの場合、自社サーバーを用意する必要がないほか、初期導入コストも抑えられるためおすすめです。システムトラブルへの対応もサービス会社側が行ってくれるため、初めて導入する方でも安心して利用できます。

自社に適したERPを構築するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

これから自社でERPを導入するなら、TRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。UMWELTはクラウド上で利用可能なERPシステムのひとつ。100種類ものアルゴリズムを組み合わせることで、自社に最適な機能のみを選べるのがメリットです。そのほかには次のような特徴が挙げられます。

・サーバーレスで導入の手間がかからない
・ノーコードで簡単にAIシステムを構築できる
・低コストで導入可能

複雑な手続きや初期設定を必要としないため、初めての方でも簡単に導入できるのがポイントです。また導入後は、コンサルタントによるサポートも提供しています。生産管理のAI化を進めたい方は、ぜひUMWELTをお試しください。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ


ERPが「業務全体」の効率化を考える一方、生産管理システムでは「生産業務」の効率化を考えるといった点で両者は異なります。導入することで、コスト削減やノウハウ共有がしやすくなるでしょう。

自社に適した機能を利用したい場合、ERPだけの機能では不十分なケースも少なくありません。そこで利用したいのがUMWELTです。

UMWELTはクラウド上で利用できるERPシステムを指します。サーバーレスで迅速に導入できるため、これからERPの導入を検討している方におすすめです。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。