MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

AIアシスタントは何ができる?仕組みやメリットを理解して事業に活かそう!

AIアシスタントとは、iPhoneに搭載されている「Siri」をはじめ、Androidスマートフォンに搭載されている「Google アシスタント」など、音声を認識してさまざまな質問やお願いに応えてくれるAI技術のことを指しています。生活のありとあらゆるところで役立っているAIアシスタントですが、仕組み、メリット、デメリットはあるのでしょうか?本記事では、AIアシスタントの特徴、仕組み、種類、機能やメリット、デメリットなどについて紹介していきます。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介
article-banner-umwelt

AIアシスタントとは何か?


AIアシスタントとは、質問、声がけの音声を認識し、対応してくれるAI技術のことです。AIアシスタントの技術は、話し言葉を文字列に変換し、音声の特徴をとらえて声を出している人を識別する音声認識技術。そして、質問に含まれる単語の組み合わせから統計の手法を利用し、答えを推測していく質問応答技術の組み合わせで成り立っています。

AIアシスタントの仕組み


AIアシスタントの仕組みは、搭載したマイクで音声入力、ネット上でデータ解析や情報処理、各機器で実行など、さまざまです。AIアシスタント搭載機器でできることは大きく2つに分けられ、ひとつはAIアシスタント搭載機器単体での動作、もう一つは、他の家電などとの連携です。連携することでさらに使い方の幅が広がります。

AIアシスタントに使用されている技術


AIアシスタントに使用されている技術は、大きく3つのフェーズに分けられます。次からは、AIアシスタントに使用されている技術について解説していきます。

音声認識

スマートスピーカーなどに話した言葉を認識し、言語、声色などの情報からどんな音が発せられたのかを捉えていきます。

解析・分析ロジック

AIがユーザーが聞いている内容、データ、捉えた音を基に解析、分析して処理し、結果をユーザーへ返します。

テキスト変換

AIが解析、処理した結果をテキストにし、音声にしてユーザーに返すことで、ユーザーは結果を音声で聞くことができるようになります。

AIアシスタントのメリット


AIアシスタントを導入すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで次からは、AIアシスタントのメリットについて紹介していきます。

手入力の手間やミスが減る

AIアシスタントによって音声入力が可能となり、手入力の手間や、入力ミスなどのヒューマンエラーを防ぐことで、業務効率化に役立ちます。

インターネットの利用者が増える

これまでのスマホなどでは、手を絶対に使わなければ操作できなかったり、字が読めなかったりしないと使えませんでした。しかし、AIアシスタントの普及により、機器を音声で操作できるようになり、障害などで手が不自由、または字は読めなくても音声なら大丈夫という人がインターネットを利用しやすくなりました。

人材不足が解消する

音声入力が可能となり、これまでオペレーターや入力スタッフが必要だった仕事もAIで処理できるようになり、人材不足の解消にも役立てるようになりました。

AIアシスタントを使う際の注意点


AIアシスタントは、必ずしもメリットばかりではなく、デメリットも少なからずあります。そこで、次にAIアシスタントを使う際の注意点について紹介していきます。

操作内容を周囲の人に聞かれる

AIアシスタントは声で操作するため、操作する時に周囲の人に指示内容が聞かれる可能性があります。そのため、電車内など公共の場では使いづらいため、TPOに合わせて使っていく必要があると言えます。

聞き取ってもらえないことがある

AIの精度は目覚ましい進化を遂げているとはいえ、まだまだ人間の言葉をAIが完全に理解するというのは難しいところもあります。そのため、音声をうまく聞き取ってもらえず、何度も聞き直される、または間違った単語で認識されるなど、うまく内容をキャッチしてもらえない時があります。

サイバー攻撃される危険性がある

AIはインターネットに接続して使用するため、セキュリティ面での危険性はなくなりません。各自ウイルス対策を取る必要があると言えるでしょう。

身近なところにあるAIアシスタント例


AIアシスタントは、日常のさまざまなシーンで数多く利用されています。そこで次からは、身近なところにあるAIアシスタントを紹介していきます。

スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、音声認識機能でユーザーの声を認識し、音楽再生、天気予報、買い物などに利用できます。主な事例としては、話しかけるだけでネット検索ができるGoogle Homeを始め、Amazonと連携し音声で買い物ができるAmazon Echo、Microsoftによって開発されたスマートスピーカーであるMicrosoft Invokeなどさまざまな種類があります。

車載アシスタント

車載アシスタントは、自動車にAIアシスタントを導入することによって、ドライバーの安全運転や快適なドライブを支援できるAIです。車載AIアシスタントを用いた車種には、主にMBUX(メルセデス・ベンツ) 、Pyrenee Drive (株式会社Pyrenee)の2つが挙げられます。

アプリケーション

AIアシスタントは、アプリでも活用可能です。主にデバイスにプレインストールされているサービスが多く、よく知られているサービスでは携帯に話しかけるだけで検索してくれるSiri、Google アシスタントなどです。

ロボット

ロボットのなかには、音声認識機能が搭載され、AIアシスタントとしての機能を果たすことができるものもあります。主な具体例は、みみずくの形をした小型AIロボット ZUKKU、電話機能を搭載した小型ロボット「ロボホン」、バーチャルホームロボット「Gatebox」などが挙げられます。

生活に役立つAIアシスタントの機能


AIアシスタントは、さまざまな生活シーンに役立っています。そこで、次に生活に役立つAIアシスタントの機能について紹介していきます。

AIアシスタント搭載機器単体で使える機能

AIアシスタント搭載機器単体であれば、ビデオ通話、ネットショッピング、今日の天気は?」というような質問への返答なら対応可能です。搭載機器単体で対応可能なものは、以下の通りとなります。ただし、必ずしもすべてのAIアシスタントがこれらの機能を完備しているわけではないため、利用する際には対応サービスをよくチェックしておきましょう。

  • 天気
  • ニュースを聞く
  • アラーム
  • ビデオ通話
  • ネットショッピング
  • タイマーのセット

他機器と連携して使う機能

AIアシスタント搭載機器単体だけでも、音楽やニュースを聴いたり、アラームやタイマーとして使うなど、多彩な機能があります。ただ、AIアシスタント対応家電を使うことによって、さらに活用の幅が広がります。他機器と連携して使える機能は、以下の通りです。

  • エアコン操作
  • テレビ操作
  • 鍵の施錠開錠
  • 掃除機の操作
  • 調理家電の操作

UMWELTを活用して業務課題を解決しよう!

AIアシスタントを業務に導入することで、音声入力によって手間が省け、人の手による入力ミスが無くなり、業務効率化を図ることができます。ただし、AIアシスタント導入にはプログラミングの知識や技術者の存在が必要不可欠となります。そこで、プログラミング未経験者、またはAIアシスタントの導入を検討していても知識や技術がない方にオススメできるのがUMWELTです。

UMWELTは、プログラミングの知識がなくても手軽にAI導入ができるようにシステムが構築されているため、未経験者の方でも安心して利用できます。レゴブロックのように機能を組み合わせるだけで、誰でも簡単にAIアシスタントを導入できます。UMWELTの中には、常時100種類ものアルゴリズムが搭載されているため、それらを自由に組み合わせることで 「どんなデータでも」「簡単に」「高度な」アルゴリズムを構築することが可能です。 さらにUMWELTは、AI構築に必要な機能を幅広く提供しており、AI導入時の8割を占めるデータの前処理を簡単にする機能までも搭載しています。

まとめ

近年AIアシスタントを用いた商品やサービスは、より日常生活と密接なものになりつつあります。さらに、最近ではAIアシスタントを用いて音声入力など業務でも幅広く活用されています。しかし、その導入にはプログラミングの知識、技術者が必要となります。そこで、プログラミング未経験者でも安心して利用できるのが、AIを誰でも簡単に導入、利用できるようにシステムが構築されているサービスUMWELTです。

企業ごとに異なるデータフォーマットをUMWELTが「標準化」することであなたの会社だけの活用方法を簡単に作り出すことができます。また、導入後はコンサルがサポートしてくれるため、使い方、セキュリティ面に不安を感じる方でも安心して利用できます。UMWELTでAIアシスタント導入を実現し、事業や業務に生かして効率化を図りましょう。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。