MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

シフト作成

物流業界の人手不足の現状や原因は?解消方法を紹介します

新型コロナウイルスの影響で、Amazonや楽天などをはじめとするネット通販の需要が急増しました。ネット通販の増加に伴い、物流業界の需要も高まっています。しかし、物流業界では人材不足が顕在化しており、多くの企業で人材確保を迫られています。今回は、そんな物流業界で発生している人手不足の現状や原因、解消方法について解説していきます。

article-banner-hrbest

物流業界の人手不足問題の現状と原因


最近、物流業界の需要が上がっている一方で、人手不足になっているとよく言われています。ここでは、物流業界が抱える人手不足問題の現状と原因について解説します。

物流量の減少による影響

国土交通省は、令和2年7月に「物流を取り巻く動向について」の調査結果を発表しました。調査結果によると、交通機関や輸送機関が運んだ人数を指標化した「貨物輸送量」が減少傾向であることが分かりました。しかし、その一方でネット通販の普及により、宅配便の取扱個数が年々増加傾向となっています。したがって、物流業界の人材に対する負担が大きくなっているのです。

ECサイトの利用者増加による影響

近年、情報の主流がインターネットになったことで、ほとんどの企業でECサイトが運営されています。ECサイトの多くは、オンラインショッピングとしての役割も持たせているため、オンライン経由での購入が増え宅配便取引個数の増加につながっています。

倉庫内作業の負担による影響

先述したとおり、オンライン経由での注文が増えたことで宅配便取引個数が増大しています。宅配便の増加は、積み荷や荷物の仕分けといった倉庫内作業の負担増加につながり、負担を感じた従業員が辞めてしまうケースが多いです。また、倉庫内作業は翌日の配送に向けて深夜時間帯の作業が多くなるため、体力的に厳しいという理由から作業員の確保が難しく人材不足になっています。

企業の倒産による影響

株式会社帝国データバンクでは、2019年に人手不足で倒産した企業を調査した「『人手不足倒産』の動向調査」を発表しました。調査結果では、道路貨物運送が最も多い28件でした。この結果から、物流業界では人材不足によって多くの企業が倒産に追い込まれている現状が分かります。

有効求人倍率の高さによる影響

国土交通省が発表した「トラック運送業の現状等について」によると、全業種の有効求人倍率が1.35倍であるのに対して、貨物自動車運転手では2.68倍という結果でした。有効求人倍率は、求職者1人あたり何件の求人があるのかを表した指標です。したがって物流業界では、求人数が多いことから人手不足である現状が分かります。

物流業界における人手不足の課題


物流業界で顕在化している人手不足ですが、解消に向けて色々と課題が挙げられます。ここでは、物流業界における人手不足の課題を解説しましょう。

仕事量の増加問題

1つ目の課題は、オンライン販売による仕事量の増加です。先述したとおり、近年のシステム発展に伴い、多くの企業がオンラインショッピングを運営しています。また、新型コロナウイルスの影響で外出自粛になり、自宅から注文ができるオンラインショッピングの需要が高まりました。。需要が高まった結果、仕事量が増えるため新規人材の採用をする必要が出てきました。

ドライバーの高齢化問題

2つ目の課題は、ドライバーの年齢層が高いことです。国土交通省が発表した「トラック運送業の現状等について」では、トラック業界で働く人の約45.2%が40~54歳で、29歳以下の若年層は全体の10%以下となっています。数十年後、現在活躍しているドライバーが引退したとき、若年層が不足していることでより人材不足が加速していくでしょう。

労働環境イメージの改善

3つ目の課題は、労働環境のイメージが悪いことです。世間では、物流業界と聞くと「長時間労働でブラック」「休みが取りにくい」「深夜帯の作業が多い」などのイメージを持っている人が多く見られます。イメージが先行していることで、求人数が増えていっても採用までに至らないケースが多いです。

国の取り組みである「ホワイト物流」推進運動とは?


国土交通省・経済産業省・農林水産省では、トラック運転者の人材不足を改善するために「ホワイト物流」推進運動を実施しています。「ホワイト物流」推進運動と聞いても、実際にどういった目的でおこなわれているのかが分からないと思います。ここでは、「ホワイト物流」推進運動の目的と参加方法について解説しましょう。

「ホワイト物流」推進運動の目的は?

「ホワイト物流」推進運動では、以下の2点を目的としています。

  • トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化
  • 女性や60代の運転者等も働きやすいより「ホワイト」な労働環境の実現

「ホワイト物流」推進運動は、ドライバー不足によって物流機能が危機的な状況になっているため、改善に向けて関係者の協力が必要だと判断して開催されました。運動の内容としては、ドライバー不足の解消に向けて、業務改善や労働環境の整備をおこなっています。

「ホワイト物流」推進運動への参加方法

「ホワイト物流」推進運動に参加する場合は、以下の流れで進めていく必要があります。

①「自主行動宣言」の必須項目への賛同表明

→「ホワイト物流」推進運動の目的や趣旨に同意し、賛同表明をします。

②自社でさらに取り組む項目を選定

→「ホワイト物流」推進運動の推奨項目にしたがって、自社で取り組んでいく項目を決めていきます。

③自主行動宣言を作成し事務局に提出

→自主行動宣言のご提出から、必須事項を入力のうえ事務局に提出します。

物流業界の人手不足を解消するためにできる対策方法


物流業界の人手不足を解消するためには、いくつかの対策をしなければなりません。ここでは、5つの対策方法をご紹介します。

共同配送を実施する

1つ目は、共同配送によりトラックの積載量を上げて業務効率化をすることです。現在ドライバーが不足しているため、トラック一台あたりの積載量を上げるのは有効な手段です。配送するときには、同じ地域に向かうトラックにまとめて荷物を載せるなどの対応が良いでしょう。

船や鉄道での輸送を取り入れる

2つ目は、トラック以外にも船や鉄道での輸送を取り入れることです。運搬時の主流がトラックになっているため、どうしてもドライバーへの負担が大きくなってしまいます。そこで、他の運送手段である船や鉄道を利用することで、ドライバーの負担を軽減できます。

受け取りサービスの範囲を広げる

3つ目は、置き配や宅配ロッカーなどの受け取りサービス範囲を広げることです。ドライバーの負担になる一つの理由として、再配達依頼の対応が挙げられます。特に、会社員の人は日中帯の対応が難しいため、再配達をするケースが多いです。そこで、日中帯でも受け取れるようなサービスを広げていくことで、ドライバーの負担軽減にもつながります。

ロボットを活用する

4つ目は、倉庫内ロボットの活用で作業を効率化していくことです。ロボットは、単純な作業の自動化ができるため、人手不足解消につながります。しかし、ロボットの導入には多額のコストがかかってくるため、導入によるメリットを理解したうえでの検討が必要です。

労働時間やシフトを改善する

5つ目は、労働時間やシフトの見直しをすることです。適切な人員配置g実現できれば、人材不足でも効率よく業務をおこなえます。特に、繁忙期や閑散期に応じて必要な人数を把握し、従業員のスキルに応じてシフトを考えるのが重要です。

物流業の人手不足問題はHRBESTで解消しよう!

適切なシフト管理は、人手不足でも効率的な業務をこなせるために必要です。しかし、人の手でシフト管理をおこなうためには、従業員の調整やスキルの把握など大きな手間がかかります。そこで、シフト管理ツールである「HRBEST」の利用がおすすめです。HRBESTは、AI機能を活用することで複雑なシフト作成を瞬時に自動でおこなってくれます。その中でも、労働基準法や業界のルールに合わせて運用できるため、法定基準から逸脱する心配なく、多くの労力を投入していたシフト作成を簡単に完結させられます。また、肉体労働の物流業でよく見られる急な欠勤についても、瞬時に必要人数の再計算をおこなってくれるためシフト調整が楽になります。

まとめ

物流業界では、オンラインショッピングの活用が進んだことで宅配便取引個数が増加しているものの、人材不足によって危機的な状況を迎えています。そこで、適切な人材配置によって人材不足でも業務を回せるようにしなければなりません。しかし、適切な人材配置を人の手でおこなうのは大きな手間になるため、シフト作成ツールの活用が得策です。もし、どのツールを導入するべきかわからないという方は「HRBEST」が良いでしょう。HRBESTは、AI機能を搭載したシフトの自動作成ができます。自動作成時には、従業員の希望シフトやスキル情報を考慮して作成されるため、適切な人員配置が可能です。少しでも興味を持った方は、下記バナーからお問い合わせください。

HRBESTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-hrbest

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。