MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

需要予測

需要予測で企業のDXを推進!成功ポイントや課題点を解説

IT技術の発展により、これまでは専門家に依頼していた需要予測も、ツールで自動化できるようになりました。これにより、多くの企業で需要予測が注目されています。そこで当記事では、需要予測導入の成功ポイントや現状の課題点について解説します。

▼更に需要予測について詳しく知るには?
需要予測の基本を徹底解説!精度向上のポイントも紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

タイムリーな需要予測でDXを推進


市場のニーズに合わせて、自社の商品やサービスを無駄なく提供するためには、需要予測が欠かせません。まずは、需要予測の概要や、近年、需要予測が注目を浴びている理由について見ていきましょう。

企業でDX推進が広がっている

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「進化したデジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革する」という概念です。DXがここまで多くの注目を集める背景には、多くの企業が「2025年の崖」といわれる大きなシステムに関するリスクを抱えていることが挙げられます。2025年の崖は、経済産業省がまとめたDXレポートで提唱されている言葉です。DXレポートは、現在多くの企業で使われている既存のITシステムが、老朽化・肥大化・複雑化・ブラックボックス化などにより、次世代のビジネスモデルで使いづらくなり、企業の競争力を低下させ、経済損失をもたらすと予想しています。また、2025年以降、最大で年間12兆円もの損失をもたらす可能性が指摘されています。

需要予測とは

需要予測とは、自社の提供するプロダクトやサービスの短期的あるいは長期的な需要を予測することです。ここからは、需要予測の重要性を紹介します。

需要予測の重要性とは

需要予測が重要視される理由は、企業の収益最大化にあります。需要予測を正しく行うことで、販売における機会損失を未然に防止することができます。また、売上の減少を回避し、過剰在庫による管理コストの増大を防ぐことができるため、収益の最大化を図りながら、経営戦略を正しい方向へと導けるのです。

需要予測でできること


AIを活用した正確な需要予測には、適切な在庫管理の実現や、マーケティング分野での活用といったメリットがあります。ここでは、需要予測でできることを詳しく紹介します。

適切な在庫管理

在庫の過不足を最小限にし、円滑に管理を実現することは、需要予測の大きな魅力のひとつです。企業内で販売する商品の在庫を適切に管理すると、在庫を抱えることで発生する無駄な損失を削減し、コストの削減や業務効率化を可能にします。

商品の価格予測

市況に左右されやすい製品の価格変動を予測できる点も需要予測のメリットです。精度向上につながると考えられる新たな変数を予測アルゴリズムに加えることで、販売価格の予測精度が向上し、適正価格での販売を実現します。

マーケティングに活用

マーケティングにおける需要予測の重要な目的として、将来の一定期間における売上などの予測が挙げられます。販売戦略や、商品開発に必要な指標を新たに算出し、あわせてBIツールで管理できる環境を構築することで、マーケティング活動において、より迅速な意思決定を下せます。

DX推進に向けた需要予測の課題点


今のビジネスには、従来のような経験や勘に頼った需要予測ではなく、データ分析をもとにした正確な需要予測が求められてます。ここでは、従来の需要予測の課題点について解説します。

予測対象が多すぎる

予測対象の品目が多すぎると、アナログな手法では、計算が間に合わない場合があります。
また、ABCランクの主要Aランク品だけに注力し、数の多いBランクやCランク品がおろそかになってしまうケースも多く見られます。さらに、人力での需要予測は時間がかかるだけではなく、不注意からのヒューマンエラーも発生します。このような理由から、膨大な品目の正確な予測は、人間の力だけでは限界があると考えられているのです。

精度が良くない

適したアルゴリズムを使わなければ、思ったような結果が出ないことも課題としてあげられます。例えば、営業はビジネスチャンスの損失をおそれるために、生産や在庫の確保を必要以上に要求することが少なくありません。このように、そもそもの売上予測の精度が低い場合には、適切な需要予測は行えません。

業務が属人化している

需要予測には高度なノウハウが必要とされることから、業務が属人化されている状況がしばしば見受けられます。ベテラン社員一人に需要予測の全工程を任せている場合、当該社員の退職や休職が発生すると、会社にとって大きな痛手となります。

需要予測でDX推進するためのポイント

では、需要予測で自社のDXを推進する際にはどのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか。ここでは、導入前におさえておきたい注意点について説明します。

機械学習を導入する

企業は詳細なユーザー行動のデータをビックデータとして保持し、意思決定のために活用しています。なかでも、効率的に短時間で予測結果の出力が可能な機械学習アルゴリズムは、開発が活発な分野です。そのため、機械学習などの最新技術の導入が望ましいといえます。

誰でも扱えるツールを選ぶ

高機能なツールであっても、扱いが煩雑であれば、企業に浸透することは難しくなります。特に難しいプログラミングが必要なツールは、構築までに時間がかかることに加え、担当者が不在の場合には、即時の対応ができません。そのため、利用するツールはUIがわかりやすいものや専門知識が不要なものなど、扱いやすいツールを選択しましょう。

スピーディーに対応する

目まぐるしく変化する現代のビジネス社会では、需要予測はスピードが最も重要な要素です。そのため、即座に柔軟に対応できるツールを選ぶことが、需要予測を成功に導くうえで重要となります。

UMWELTなら「需要予測×DX推進」が実現できる!

「専任の担当者を確保するのが難しい」「すぐにでも需要予測を行いたい」などの悩みをお持ちの方には、TRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。UMWELTは、数多くのアルゴリズムを搭載したノーコードAIであるため、ITのスキルを持った人材がいなくとも、自社に必要なアルゴリズムを簡単に組み立てることができます。また、クラウド型のサービスであるため、安価な初期費用で高度なAIを活用できます。ぜひUMWELTを活用して、DX化を目指しましょう。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

今回は、需要予測の概要や需要予測が注目を集める背景、ツール選択時のポイントについて紹介しました。適切な在庫管理や、商品の価格予測のために、最新のテクノロジーを活用した正確な需要予測は欠かせません。自社の利益を最大化すべく、システムを使った高精度な需要予測を行いましょう。

需要予測で企業のDXを推進させたいとお考えの方は、ぜひTRYETINGまで気軽にお問い合わせください。

参照文献

DXレポート|経済産業省(2018)
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/pdf/20180907_03.pdf

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。