MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

ICタグを活用した在庫管理とは?メリット・デメリットも解説

各種メーカー企業において、在庫管理は収益の最大化や、販売機会の損失を防ぐために重要な業務です。従来の在庫確認方法では、目視確認やバーコード技術が活用されていましたが、いずれも作業に手間がかかる上、バーコードの読み取りエラーなどから確認ミス、在庫ロスが起こることが考えられます。そこで在庫管理の作業効率や精度向上に役立つツールが、RFIDで読み取るICタグです。ICタグは在庫管理に活用することで、電波をかざすだけで商品情報を読み取れるため、在庫管理がスムーズになります。本記事では、ICタグの説明とともにICタグによる在庫管理のメリット、デメリットを解説していきます。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

在庫管理に活用されるICタグとは


ICタグとは、電波など無線で通信できる機能により個体を認識・識別するタグです。内部にICチップとアンテナが内蔵されており、RFIDのような専用のICタグリーダーによって商品情報を読み取ります。このRFIDとは、ICチップをリーダー機器で読み取り、商品を識別・管理する非接触の自動認識技術で、在庫管理に多く用いられています。RFIDの技術は交通系ICカードや、図書館やレンタルビデオ、自動車のスマートキーなど私たちの身近なところで数多く取り入れられています。このような一連のICタグの技術は、在庫管理において主に以下のようなシーンで活用されています。

  • 商品の入出庫
  • 棚卸し
  • 在庫・物品管理

在庫管理のICタグの特徴


ICタグは電波で情報を読み取れるため、従来のバーコードやQRコードよりも管理をスムーズにします。ここでは、在庫管理で利活用されているICタグの特徴について紹介します。

離れたところから読み取れる

バーコードによる在庫管理では、段ボール内の商品が積み重なっていたり、高い位置にあったり、いずれもラベルが見えない状態では情報を読み取れませんでした。一方、ICタグは電波が届けば情報を読み取ることができるため、タグが見えない場合はもちろん、遠距離、非接触でも情報を読み取ることができます。

複数を同時に処理できる

従来のバーコードやQRコードによる在庫管理では、情報を読み取る際にラベルを一つずつ確認していく必要があります。ICタグはバーコードやQRコードと違い、リーダーで拾える範囲のタグであれば複数同時に読み取れるため、作業時間を大幅に短縮できます。

データの情報量が多く書き換えられる

ICタグはバーコードより多くの情報を記憶させることが可能です。そのため、ICタグなら以下の情報を全て一元管理できます。さらに、ICタグに記録した情報は書き換えも可能です。たとえば、持ち主や置き場所などの情報が変わった場合も、自動で情報が更新されるため、タグを付け直さなくても問題ありません。

  • 品物の型番
  • 納品日
  • サイズ、重量など

在庫管理にICタグを活用するメリット


ここまで見てきた通り、在庫管理にICタグを活用することで、従来のバーコードなどとは比較にならないほどスムーズな管理が可能となります。そこでここからは、在庫管理にICタグを活用するメリットについてそれぞれ紹介します。

作業時間短縮・人件費削減

ICタグを導入すれば、リーダーが拾える範囲のタグを複数同時に読み取れるため、ラベルを一つずつ読み取る必要がありません。また電波で情報を読み取るため、棚卸し作業などではラベルが見えるようにする必要もなく、商品を動かさずに検品できます。このようにICタグを導入すれば、作業時間を短縮できる上に、人員コストの削減にもつながります。

在庫管理の人的ミスを防ぐ

目視による在庫確認では、商品の見間違いや、見落とし、台帳への転記ミスなどのヒューマンエラーが起こりやすくなります。バーコードによる在庫管理は目視確認より精度こそ向上するものの、読み取りエラーが起こることもあります。ICタグであれば、リーダーをタグにかざすだけで正確な情報を収集でき、人為的なミスも限りなく減らせるでしょう。

期限管理などの個別管理ができる

RFIDによるIDタグには、情報の追加や書き換えができる特徴があります。さらに、バーコードやQRコードなどの2次元コードよりも多くの情報量を持たせられます。このように、IDタグは書き換えが可能な上にデータ寿命が長いことから、消費期限管理やトレーサビリティといった個別の情報を扱う在庫管理にも適しているといえるでしょう。

リアルタイムでの在庫管理が可能

オンライン販売と実店舗を同時運営している場合、オンラインで購入された商品が実店舗ですでに購入されており、在庫切れだったというケースも起こり得ます。ICタグは、商品を読み取ることで在庫情報を一元管理できます。そのため、店舗販売とオンライン販売の在庫は同時に管理され、予期せぬ在庫切れも防げるようになります。

在庫管理のICタグの導入時のデメリット


ICタグにより、情報の一元管理や非接触での在庫管理などのメリットを得られることがお分かりいただけたかと思います。その一方で、少なからずデメリットも存在します。ここではICタグのメリットと比較しながら、検討すべきデメリットについて具体的に紹介します。

導入コストがかかる

ICタグは高機能である分、一枚数十円からと、バーコードと比較してもコストが高くなります。そのため、低単価の商材を大量に管理する場合はコスト原価を圧迫する可能性があります。さらにICタグの導入には、リーダライターや在庫管理システム、アプリの利用料などもかかります。ただ、ICタグ導入によって人件費や労働時間の削減、作業ミスによる損失を防げるとも考えられます。ICタグ導入を検討する前に、ICタグの導入コストとICタグ導入によって削減できるコストを比較しておきましょう。

タグが読み取れないケースがある

ICタグは電波で情報を読み取る性質のため、金属や水に弱いというデメリットがあります。そのため、金属製品にICタグを貼った場合、もしくは金属の多い環境では読み取り精度が低下する可能性があります。また、水分の多い製品に張り付けた場合は、読み取りエラーが起こることが考えられます。ICリーダーとICタグとの向きによっては情報を読み取れないこともあるため、100%の精度になるとは限りません。

タグをつける手間がかかる

ICタグは商品それぞれに1枚ずつ取り付ける必要があります。そのため、取り扱う商品の数が多い場合は、ICタグの取り付け作業に多少手間を要します。この取り付け作業に人件費がかかることも考えられるため、低単価の商材を大量に管理する場合は人件費コストも踏まえた上で導入を検討することが望ましいでしょう。

在庫管理はAI活用がおすすめ


在庫管理は、ICタグから読み取った情報を在庫管理システムと連動させることで、さらなる効率化を図ることができます。在庫管理システムは、これまで人の手で行われていた作業をAIに代替させて管理を行います。その最大のメリットは作業の自動化と効率化です。在庫管理をAI化する方法には、AIに対応した在庫管理システムを新規導入する方法と、既存の在庫管理システムにAIを実装する方法の二通りがあります。AIに対応した在庫管理システムを新規導入する場合は、そのまま導入して利用できます。ただし、導入や維持管理にコストがかかるため、費用対効果を踏まえた上で導入を検討する必要があるでしょう。一方、既存の在庫管理システムにAIを実装する場合、AIが既存のシステムに対応していれば、それを活かしながらAI技術を利用できます。そのため、対応するAIは十分に選定する必要があります。

在庫管理を効率化するならTRYETINGのAIツール「UMWELT」にお任せください

在庫管理にAIを導入することで、情報を一元管理できるようになります。ただ、在庫管理システムには維持管理コストがかかるため、自社の規模に合ったシステムを選ぶ必要があります。TRYETINGのノーコードAIクラウドUMWELTであれば、豊富なアルゴリズムが用意されており、組み合わせるだけで自社に合わせた在庫管理AIシステムを構築できます。UMWELTは他のシステムとの連携ができるため、ICタグ連携、既存システムへの実装も可能です。また、在庫管理の他にも発注業務や需要予測、生産管理などにも活用できるため、業務効率化にも役立つでしょう。それだけでなく、UMWELTはクラウド型のサブスクリプションサービスであることから、業界最安値のコスト水準を実現しています。

まとめ

在庫管理にICタグを導入すれば、リーダーをタグにかざすだけで情報を正確に収集できるようになります。在庫管理システムとICタグを連携させることで、情報を一元管理できるようにもなり、作業時間の短縮や業務の効率化に役立つでしょう。さらに、ICタグによって発注ミスや転記ミスなどのヒューマンエラーを防ぎ、在庫管理の精度向上も期待できます。クラウドサービスであるUMWELTは、ネット環境さえあればどこでもすぐ導入できるだけでなく、ICタグともスムーズに連携します。導入、運用フェーズに至っては、専任スタッフが伴走するため、社内のAI人材育成にも貢献します。在庫管理システムへのICタグ連携、既存システムへの実装、或いは在庫管理をスムーズに行いたいと考えている方は、ぜひTRYETINGまでお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。