MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

需要予測

需給調整の意味とは?業務で起こる悩みと対策方法を解説

需給調整とは、見通しを立て生産や調達量を調整し、市場への新規参入や撤退に制限を設けることを意味します。需給調整業務の現場では、時間と共に販売見通しが販売計画を下回るまたは上回ってしまう、予定通りに生産や供給ができない、サプライ側の問題が発生するなど、当初の計画通りに進まなくなることも多く、常にイレギュラーな処理への対応を余儀なくされています。

では、需給調整業務においてイレギュラーな対応に追われた時はどのように対処すれば良いのでしょうか?本記事では、需給調整業務で起こりやすい悩みや、解決方法について紹介します。

▼更に需要予測について詳しく知るには?
需要予測の基本を徹底解説!精度向上のポイントも紹介需要予測の基本を徹底解説!精度向上のポイントも紹介
▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

需給調整とは?


需給調整とは、市場への新規参入や撤退に制限を設けることをあらわしています。主に過当競争によるサービスや安全性低下の防止、独占性を付与し内部補助を通じたサービスの確保、規模の経済性による低コストによるサービス供給のために利用されます。

需給調整や需給計画における問題点


需給調整、需給計画の担当者には、日々の業務の中で、下記で紹介されるような悩みを抱えているケースが多いです。需給調整、需給計画業務で起こりやすい問題点について、それぞれ紹介していきます。

販売計画の精度が低い

販売計画はあくまで「見込み」であるため精度は低く、必ずしも上手く機能するとは限りません。販売計画の精度が低いと、需給調整が上手く機能できなくなり、在庫状況の悪化などを引き起こす可能性があります。

過剰在庫や在庫不足に陥る

需給調整、需給計画は「見込み」であるため、必ずしも正確ではありません。そのため、過剰在庫や在庫不足に陥ってしまう可能性があります。なかには生産性重視で発注を行ってしまい、必要とする需要量と合わず、在庫リスクが高くなることも考えられます。

すべての製品の調整が難しい

製品の管理は、どうしても注力製品を優先的に調整することになることから、全ての製品の調整、管理となると手が回らなくなり、難しくなります。

資料作成の負担が大きい

需給調整、計画の精度をあげるには、膨大なデータが必要となります。そのため、生販会議に使う資料は非常に多くなり、スタッフによる資料作成の負担が大きくなってしまいます。

需給調整や需給計画に問題が起こる理由


需給調整や計画が上手く進まないのは、具体的にどのような原因が考えられるのでしょうか?需給調整や需給計画に問題が起こる理由について、具体的な内容を紹介していきます。

表計算ソフトに限界がある

表計算ソフトには処理機能に限界があるため、需要予測、在庫管理、生産計画、仕入計画などの予測、計画業務を表計算で行うと処理できない可能性があります。また手作業であることから、人為的なミスが発生しやすくなるなどの問題があります。

製品の種類が多い

需給調整する製品数(SKU)が多くなるほど、それだけ需給調整業務の負担が大きくなります。製品数が増え、需給調整が上手く管理できなくなると、問題在庫の発生など、在庫状況の悪化を招きやすくなります。

属人的な予測を立てている

属人的な「勘や経験」に頼った予測を立てて需給調整を行うと、担当者によってばらつきが起こりやすくなり、問題在庫の削減に繋げられなくなります。なお、長年需給調整を行っているベテランであれば予測精度は高くなりますが、若手ともなるとそうはいきません。

そのため、ベテラン経験者によるスキル共有と若手育成は重要ではあるものの、勘と経験値によるノウハウの継承は非常に難しくなり、若手の育成にどうしても支障が出てしまいます。

販売計画と実際の販売量にズレが生じている

販売計画は「見込み」であることから、販売計画と実際の販売量にズレが生じることもあります。また、営業部担当者による「見込み違い」によって営業部に対する不信感が生まれ、それが原因で需給調整が上手くいかなくなることも考えられます。

需給調整で起こる問題を解決するための対策


前述で紹介した需給調整で起こる問題、悩みを解決するにはどのような方法を取れば良いのでしょうか。需要調整で起こりがちな問題を解決するための対策について、ひとつずつ紹介していきます。

すべての製品を予測・調整できる仕組みを作る

まずは製品数(SKU)の多さに関係なく、全製品の予測ができるような仕組み作りが必要です。予測担当者の人員には限界があるため、必ずしも人員を増やして対応するのではなく、今の人員でも問題なくすべての製品の予測、調整ができるように仕組み作りをしておくことがポイントです。

生じる誤差を補完できる仕組みを作る

どんなに精度向上に工数をかけても、需給予測はあくまで見込みであるため必ず誤差がでます。生じる誤差にいち早く気がつき、常に先手を打って補完できる仕組み作りが必須です。

需要予測のスキルを共有する

予測精度が担当者によって異なると、在庫の最適化は実現できなくなります。そこで、予測精度の高い精度を維持するべく、ベテランが持つ需要予測の高いスキルを共有する、または若手の育成に注力できるような仕組み作りをしていく必要があります。

生産部門への負荷を考慮したスケジューリングをする

営業部門がどんなに可能な範囲で努力をしたとしても、見込み量算出の精度であるため、必ずしも精度の高い見込み量を算出できるとは限りません。よって、生産部門は見込み精度の向上には限界があると考えることが大切です。

また、生産部門と営業部門の関係性が悪くなることのないように、見込み精度に関わらず需給調整できる仕組み作りや、生産部門への負荷を考慮したスケジューリングをしておくことが大切です。

需給調整のためにシステムを導入するメリット


需給調整にシステムを導入すると、どのようなメリットが考えられるのでしょうか。需給調整におけるシステム導入によるメリットについて、具体的に紹介していきます。

効率的なデータ抽出ができる

需給調整業務にシステムを導入することにより、膨大なデータから効率的にデータ抽出を行い、分析を行うことが可能となります。データ抽出から精度の高い調整を行えるようになり、余剰在庫や在庫不足などの問題を削減します。

人為的なミスを防げる

表計算ソフトの場合は手作業での入力が基本となるため、どうしても人為的なミスが起こりやすくなります。需給調整にシステムを導入することによりヒューマンエラーを防げるようになり、精度の高い需給調整が行えるようになります。

異常検出が手軽にできる

資料を目視で点検してしまうと、見落としがちなヒューマンエラーも起こりやすく、さらに複雑なものほどシステムメンテナンスが難しくなってしまいます。異常アラートを検出できる機能があるシステムを導入することにより、手軽に異常検出ができるようになり、大幅な効率化を図ることができます。

需給調整にかかる作業の負担を減らせる

表計算ソフトを用いて需給調整業務を行うと、データ収集、加工、更新や資料作成に手間を取られてしまいます。表計算ソフトでの管理ではなく、システムを導入することによって、これまで人の手によって行われていた作業を代替して行ってくれるようになり、作業負担を減らすことができるようになります。

UMWELTで需給調整業務のお悩みを解決!

需要調整業務をシステムに代替することにより、膨大なデータから分析、抽出を行って統計を取った上で予測を行うため、属人的な「勘や経験」に頼ることなく精度の高い調整ができるようになります。また、作業をシステムが代わりに行うことにより、ヒューマンエラーを防ぎミスを減らし、さらに作業時間が短縮できることから外部との折衝などに時間をかけることができるようになります。このように、需要調整業務をシステムに切り替えることで、さまざまなメリットを得られるでしょう。

しかし、システム導入、利用や管理にはAI、ネットワーク、プログラミングの知識などが求められます。そこで、プログラミングやネットワークなどの知識がなくてもシステム導入を検討したいと考えている方にオススメなのが、TRYETINGが提供するノーコードAIクラウドサービス 「UMWELT」です。

「UMWELT」は、特定のスキルがなくても利用できるようあらかじめシステムが構築されており、プログラミングやネットワークなどの知識がない方でも簡単にシステム構築、導入や作業を行うことができます。UMWELT には常時100種類ものアルゴリズムが搭載されており、それらをレゴブロックのように自由に組み合わせることで、誰でも簡単に求めている需給調整業務システムの構築が可能です。

作業も簡単で、CSVを入力するだけで、パラメータ設計、モデル化、デプロイまで自動化を行います。出来上がったモデルはすぐに自動でバージョン管理されるため、導入、維持管理も安心です。さらにUMWELTはAPIを介して接続する特性上、既存システムには手を加えずにどんなデータでもシステム化が可能です。既存システムには手を加えないため、煩わしい社内調整のコストも最小限で済みます。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

景気動向が不透明で見通しの立てにくい近年においては、事業や販売の計画を綿密に立案するよりも大きなトレンドや変化要因、実績データの傾向から需要を予測した上で、需給調整に反映する運用が有効であると考えられています。需給調整にシステムを導入することでより精度の高い需要予測から運用を行えるようになり、余剰在庫や欠品を減らし、収益の最大化に役立てることができます。

また、これまで人の手によって行われていた需給調整作業をシステムに代替させることで、労働時間の削減にも役立てます。TRYETINGが提供するノーコードAIクラウドサービス 「UMWELT」であれば、知識がない方でも利用できるようシステムが構築されているため、誰でも簡単にシステムによる需給調整作業に携わることができます。

UMWELTの利用料金は業界最低水準の価格設定でたり、コストを抑えて利用したいと考えている方にも安心です。また、導入時、導入後はコンサルによるサポートも受けられます。UMWELTで需給調整システムを構築、利用して在庫を適正に管理し、収益の最大化に役立てていきましょう。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。