MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

TOPICS トピックス

NEWS

新役員体制に関するお知らせ

拡張知能(AI)技術の研究開発およびライセンス販売事業を展開する株式会社トライエッティング(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:長江祐樹、以下TRYETING)は、2019年8月28日に開催された株主総会で、役員の変更を決定したことをお知らせします。

役員変更後の体制

代表取締役社長・CEO兼CRO:長江祐樹
取締役副社長・COO:菅沼美久
取締役副社長・CTO:竹島亮
取締役・CFO:出口元気
社外取締役:和田浩一(新任)
監査役:小川重彦(新任)

新任役員(8月28日付)

社外取締役:和田浩一(新任)
1960年生まれ、愛媛県出身。TRYETING社外取締役。元三菱商事執行役員・中部支社長。1982年に三菱商事に入社した後、液化天然ガス(LNG)を中心に37年間エネルギー事業に携わる。2019年3月に定年退職した後に、TRYETING社外取締役に就任。

監査役:小川重彦(新任)
1970年生まれ、三重県出身。公認会計士試験に合格後、KPMGあずさ監査法人にて11年間で金融商品取引法監査、会社法監査、内部統制監査、株式上場支援、デューデリジェンス等幅広い業務に携わる。2019年8月よりTRYETING監査役に就任。

退任役員(8月28日付)

大塚匠
1990年生まれ、愛知県出身。東海職業能力開発大学校応用課程修了。大手自動車部品メーカグループ会社に就職し、無線機器の回路設計・アンテナ設計などの電子回路設計及び製品評価を担当し、製品の設計・製造・品質コントロールについてのノウハウを習得。AI-connected IoTの製品設計及び品質管理に従事しながら、センサーデータをはじめとした、AIのビジネス応用上必要不可欠なデータ取得に関する責任者として、2017年より取締役兼CDO(最高開発責任者)に就任し、2019年8月末退任。

株式会社TRYETINGについて

TRYETINGは「明日の未来を、今日つくろう」を企業理念に掲げ、AIをはじめとするデータテクノロジーを活用した最先端の破壊的ソリューション(Deeptech)の技術研究開発を行い、クライアントの基幹システムの知能化ならびにAI搭載型SaaSの提供を通じて、産業システムの知能化に取り組む企業です。2016年の創業時より、情報科学出身者だけではなく、量子力学、流体力学、材料科学などを専門とする研究者陣によって、Deeptech技術の研究開発に取り組み、実証実験を超えた先の実装から応用まで一貫して取り組むことが可能な、国内では数少ない企業です。国内の製造業界、小売業界、広告業界などをはじめとしたあらゆる業界において、基幹システム連携も含めた、一気通貫のAI導入・運用支援を行なっています。

会社名:株式会トライエッティング(TRYETING Inc.)
代表取締役社長:長江 祐樹
資本金:382,992千円(資本準備金含む)
事業内容:拡張知能(AI)技術の研究開発およびライセンス販売事業
設立:2016年6月6日
本社所在地:愛知県名古屋市中区葵1-20-22 セントラル名古屋葵ビル 4階
サイトURL:https://www.tryeting.jp/
お問い合わせ:support@tryeting.jp / 052-979-2110

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。